Journal

冬キャンプに持っていくストーブの選び方について詳しく解説

冬キャンプに持っていくストーブの選び方について詳しく解説

冬キャンプの持って行くべき必須ギアの1つにストーブがありますが、冬キャンプのストーブには薪ストーブと石油ストーブの2種類があります。 この2つのストーブの違いと特徴を理解して、自分に合ったストーブ選びをしましょう。 2024/03/05 更新 薪ストーブとは 薪ストーブとは薪を燃料に使うストーブです。薪は一束500~800円程度で購入できますが、無料で使えるキャンプ場もあり燃料を持ち運んだり燃料代をかけずにストーブを使える利点があります。 薪ストーブ本体の形状は様々で、中には組み立て式や折り畳めるタイプもあり、携帯性に優れていることから持ち運びに困難な山奥や荷物を軽くしたいキャンパーに人気があります。 しかし、他の暖房器具と比べて一酸化炭素を多く排出することや火力の調整が難しく、火事の危険も高まるなどキャンパーとしてある程度の経験と練度が求められる一面もあります。 キャンプが初めての方はすぐに薪ストーブは買わずに、キャンプにある程度慣れてからの使用をおすすめします。 石油ストーブとは 石油ストーブとは、ガソリンスタンドやホームセンターで販売されている灯油を燃料に使うストーブです。 とその前に、石油ストーブと灯油ストーブの違いを説明します。そもそも石油とは炭素混合物液体の総称ですが精製段階で重油、軽油、ガソリン、灯油などに分けられ動力燃料として用いられます。 ちなみに発掘して未精製の状態は原油です。日本では室内で灯油を使う暖房器具のことを灯油ストーブとは呼ばずに、石油ストーブという名前の方が広く認知されているので、以下では石油ストーブで統一させていただきます。 石油ストーブには大きく分けて2つのタイプがあり、1つは四角い形状をした反射式、2つめは円柱の形状をした対流式です。 反射板を使い遠赤外線効果で正面と上部を温める反射式に対して、対流式は冷たい冷気を暖気に変えて対流させながら360℃方向から温まることができます。 住宅と比べ、狭い環境で効率よく暖をとりたい冬のキャンプはどちらかと言うと対流式の方が人気があるようですが、対流式は価格が高く反射式の倍近い予算が必要になります。 冬キャンプで反射式ストーブは使えるの? 反射式のストーブは冬のキャンプにも使えますがいくつか注意が必要です。 1つめは、主に自宅での使用をメインとする反射式ストーブは補給効率をよくするためにタンクが備わっていますが、タンクの燃料を満タンにして持っていくと使いきれない可能性が高いので、必要な分だけ灯油を用意するのが良いと思います。 2つめは、反射式のストーブは横揺れに弱く燃料が入っているとすぐにこぼれます。車内でこぼれてしまうと、たちまち臭いが充満して気分が悪くなってしまうので、持ち運ぶときはタンク内の燃料を空にして灯油は専用のポリタンクに入れて持っていきましょう。 ストーブ本体は、タンクを取り外すと下の方に灯油を溜めておく場所があればそこもスポイトでとれるだけとっておきましょう。とりきれない場合はタンクと本体のジョイント部分にタオルなどで塞いでおくのも良いと思います。 さらにストーブ本体の下に受け皿を用意しておけば、こぼれてしまった時でも車内に灯油が染みついてしまうのを防ぐことができます。 車に積むときにストーブのカバーがあるといいのですが、メーカーではほとんど市販されていないので、自作をするか代わりになるようなものを見つけておくと良いと思います。 まとめ)冬キャンプに持っていくストーブの選び方について詳しく解説 以上をまとめると冬キャンプのストーブは、 薪ストーブと石油ストーブの2種類 薪ストーブはある程度のキャンプ経験と練度が必要 石油ストーブは反射式と対流式と2つのタイプがある おすすめは対流式。でも値段が高い 反射式は値段が安いけど準備が面倒...

冬キャンプに持っていくストーブの選び方について詳しく解説

冬キャンプの持って行くべき必須ギアの1つにストーブがありますが、冬キャンプのストーブには薪ストーブと石油ストーブの2種類があります。 この2つのストーブの違いと特徴を理解して、自分に合ったストーブ選びをしましょう。 2024/03/05 更新 薪ストーブとは 薪ストーブとは薪を燃料に使うストーブです。薪は一束500~800円程度で購入できますが、無料で使えるキャンプ場もあり燃料を持ち運んだり燃料代をかけずにストーブを使える利点があります。 薪ストーブ本体の形状は様々で、中には組み立て式や折り畳めるタイプもあり、携帯性に優れていることから持ち運びに困難な山奥や荷物を軽くしたいキャンパーに人気があります。 しかし、他の暖房器具と比べて一酸化炭素を多く排出することや火力の調整が難しく、火事の危険も高まるなどキャンパーとしてある程度の経験と練度が求められる一面もあります。 キャンプが初めての方はすぐに薪ストーブは買わずに、キャンプにある程度慣れてからの使用をおすすめします。 石油ストーブとは 石油ストーブとは、ガソリンスタンドやホームセンターで販売されている灯油を燃料に使うストーブです。 とその前に、石油ストーブと灯油ストーブの違いを説明します。そもそも石油とは炭素混合物液体の総称ですが精製段階で重油、軽油、ガソリン、灯油などに分けられ動力燃料として用いられます。 ちなみに発掘して未精製の状態は原油です。日本では室内で灯油を使う暖房器具のことを灯油ストーブとは呼ばずに、石油ストーブという名前の方が広く認知されているので、以下では石油ストーブで統一させていただきます。 石油ストーブには大きく分けて2つのタイプがあり、1つは四角い形状をした反射式、2つめは円柱の形状をした対流式です。 反射板を使い遠赤外線効果で正面と上部を温める反射式に対して、対流式は冷たい冷気を暖気に変えて対流させながら360℃方向から温まることができます。 住宅と比べ、狭い環境で効率よく暖をとりたい冬のキャンプはどちらかと言うと対流式の方が人気があるようですが、対流式は価格が高く反射式の倍近い予算が必要になります。 冬キャンプで反射式ストーブは使えるの? 反射式のストーブは冬のキャンプにも使えますがいくつか注意が必要です。 1つめは、主に自宅での使用をメインとする反射式ストーブは補給効率をよくするためにタンクが備わっていますが、タンクの燃料を満タンにして持っていくと使いきれない可能性が高いので、必要な分だけ灯油を用意するのが良いと思います。 2つめは、反射式のストーブは横揺れに弱く燃料が入っているとすぐにこぼれます。車内でこぼれてしまうと、たちまち臭いが充満して気分が悪くなってしまうので、持ち運ぶときはタンク内の燃料を空にして灯油は専用のポリタンクに入れて持っていきましょう。 ストーブ本体は、タンクを取り外すと下の方に灯油を溜めておく場所があればそこもスポイトでとれるだけとっておきましょう。とりきれない場合はタンクと本体のジョイント部分にタオルなどで塞いでおくのも良いと思います。 さらにストーブ本体の下に受け皿を用意しておけば、こぼれてしまった時でも車内に灯油が染みついてしまうのを防ぐことができます。 車に積むときにストーブのカバーがあるといいのですが、メーカーではほとんど市販されていないので、自作をするか代わりになるようなものを見つけておくと良いと思います。 まとめ)冬キャンプに持っていくストーブの選び方について詳しく解説 以上をまとめると冬キャンプのストーブは、 薪ストーブと石油ストーブの2種類 薪ストーブはある程度のキャンプ経験と練度が必要 石油ストーブは反射式と対流式と2つのタイプがある おすすめは対流式。でも値段が高い 反射式は値段が安いけど準備が面倒...

冬キャンプでBBQがNGな理由とは?

冬キャンプでBBQがNGな理由とは?

キャンプといえばバーベキューを思い浮かべる人も多いと思いますが、冬のキャンプでバーベキューがNGなのはご存知でしょうか? その理由を詳しく解説します。 2024/03/05 更新 煙が充満する 冬のキャンプは日中でも寒く、テントの中で一日を通して過ごすことが多くあります。食事もテントの中で作るので、もしバーベキューを始めてしまうとたちまち肉の煙が充満してテントの中は煙だらけになってしまいます。 テントの中には臭いの付きやすい寝具などがあるので、冬のキャンプは煙の出るバーベキューはあまりおすすめできません。 冷めるのが早い 冬のキャンプは作った料理が冷めるのがとても早いです。 とくにバーベキューで作る料理は出来立てが美味しいものが多く、冷めるのが早い冬のキャンプでは焼き肉や焼き鳥は冷めて硬くなってしまった結果、食べずにゴミになってしまうこともしばしば。 せっかく作った料理なら残さず食べれる料理を選びたいですね。 できれば動きたくない バーベキューは支度で動き回ることが多いのも不向きの理由の1つ。 冬のキャンプは膝掛けやブランケットを羽織ったりするので、料理の準備はできれば動かなくて良い方法を選びたいのですが、バーベキューをすると薪や炭の準備から火加減の調整まで動き回ることになります。 冬のキャンプは暖かい格好でじっとしていられる料理を選びたいですね。 メインは鍋料理にするべき 以上のことから冬のキャンプで最適な料理に「鍋」をおすすめします。鍋料理なら煙がテントの中に充満することもなく、体が暖まる料理が作れます。 そして準備はカセットコンロを使えば動き回ることも少なく調理法も簡単、鍋に具材を積めるだけで取り皿も1人1つあれば十分です。 最後に雑炊など〆の料理を作れば、スープまで残さず食べられるので後片付けの手間も減ります。 鍋料理をもっとラクにしたいなら食材選びに注目しましょう。水炊き用の鶏肉やスペアリブを使うと骨が残ってゴミが増えてしまうので、カットされている骨なしの肉を選ぶと良いと思います。 野菜は芯の部分を細かくカットすると、残さずに食べられてゴミも出ないのでとてもエコです。 食べ終わった後のゴミが減れば、手間も省けてより楽しい冬キャンプになります。 まとめ)冬キャンプでBBQがNGな理由とは? 以上をまとめると冬キャンプでBBQは、 テントの中に煙が充満する 料理が冷めて食べ残しが増える 動き回って寒い BBQよりも鍋料理にするべき です。 冬のキャンプはBBQよりも鍋料理を選んでみましょう。

冬キャンプでBBQがNGな理由とは?

キャンプといえばバーベキューを思い浮かべる人も多いと思いますが、冬のキャンプでバーベキューがNGなのはご存知でしょうか? その理由を詳しく解説します。 2024/03/05 更新 煙が充満する 冬のキャンプは日中でも寒く、テントの中で一日を通して過ごすことが多くあります。食事もテントの中で作るので、もしバーベキューを始めてしまうとたちまち肉の煙が充満してテントの中は煙だらけになってしまいます。 テントの中には臭いの付きやすい寝具などがあるので、冬のキャンプは煙の出るバーベキューはあまりおすすめできません。 冷めるのが早い 冬のキャンプは作った料理が冷めるのがとても早いです。 とくにバーベキューで作る料理は出来立てが美味しいものが多く、冷めるのが早い冬のキャンプでは焼き肉や焼き鳥は冷めて硬くなってしまった結果、食べずにゴミになってしまうこともしばしば。 せっかく作った料理なら残さず食べれる料理を選びたいですね。 できれば動きたくない バーベキューは支度で動き回ることが多いのも不向きの理由の1つ。 冬のキャンプは膝掛けやブランケットを羽織ったりするので、料理の準備はできれば動かなくて良い方法を選びたいのですが、バーベキューをすると薪や炭の準備から火加減の調整まで動き回ることになります。 冬のキャンプは暖かい格好でじっとしていられる料理を選びたいですね。 メインは鍋料理にするべき 以上のことから冬のキャンプで最適な料理に「鍋」をおすすめします。鍋料理なら煙がテントの中に充満することもなく、体が暖まる料理が作れます。 そして準備はカセットコンロを使えば動き回ることも少なく調理法も簡単、鍋に具材を積めるだけで取り皿も1人1つあれば十分です。 最後に雑炊など〆の料理を作れば、スープまで残さず食べられるので後片付けの手間も減ります。 鍋料理をもっとラクにしたいなら食材選びに注目しましょう。水炊き用の鶏肉やスペアリブを使うと骨が残ってゴミが増えてしまうので、カットされている骨なしの肉を選ぶと良いと思います。 野菜は芯の部分を細かくカットすると、残さずに食べられてゴミも出ないのでとてもエコです。 食べ終わった後のゴミが減れば、手間も省けてより楽しい冬キャンプになります。 まとめ)冬キャンプでBBQがNGな理由とは? 以上をまとめると冬キャンプでBBQは、 テントの中に煙が充満する 料理が冷めて食べ残しが増える 動き回って寒い BBQよりも鍋料理にするべき です。 冬のキャンプはBBQよりも鍋料理を選んでみましょう。

冬のキャンプで一着は持っておきたい「電熱ベスト」を手に入れよう

冬のキャンプで一着は持っておきたい「電熱ベスト」を手に入れよう

2024/03/05 更新 電熱ベストとは? 電熱ベストとは、体を温めてくれる電気ヒーターが内蔵されている服のことです。寒い冬のキャンプでは薪ストーブや石油ストーブで暖をとる方法がありますが、火事やヤケドの危険があります。 一方で、電熱ベストは火を使わないことから安心して使える冬のキャンプ道具として注目されています。 電源はスマホのモバイルバッテリー 電熱ベストで使用する電源は、スマホなどで使うモバイルバッテリーを使用します。 電熱ベストの内側にはUSBソケットとモバイルバッテリーを収納できるポケットが付いていて、温度調整も弱・中・強の3段階で調節できます。 10000mAで約8時間 電熱ベストに使うモバイルバッテリーの容量が10000mA程度であれば、電熱ベストは平均で約6〜8時間使用できます。 さらに、電熱ベストの上に防寒着を着れば保温効果も高まり、バッテリーの消費も節約できます。 電熱ベストはキャンプの他にも、 庭作業 犬の散歩 野外の試合観戦 バスや電車の待ち時間 など幅広いシーンで役に立ちます。 手洗いなら洗濯も可能 電熱ベストは手洗いであれば洗濯も可能です。USBソケットを傷めたり、ソケット内に水が残らないよう優しく手洗いしましょう。 値段もお手頃 電熱ベストは値段もお手頃です。ベストは4,000円程度、モバイルバッテリーは3,000円程度の値段のものが主流になっているので、数万円もする防寒着を買うよりもお得です。 モバイルバッテリーは充電すれば、繰り返し使えて一回の電気代は約1円なのでとてもエコです。 電熱ベストは男女兼用なので、予備の防寒着として常備しておくのも良いと思います。 まとめ)冬キャンプで一着は持っておきたい「電熱ベスト」 以上をまとめると、 電熱ベストは「ヒーターが内蔵された服」 電熱ベストは「モバイルバッテリーを使う」 電熱ベストは「外作業や散歩にも」 電熱ベストは「手洗いも可能」 電熱ベストは「値段もお手頃」...

冬のキャンプで一着は持っておきたい「電熱ベスト」を手に入れよう

2024/03/05 更新 電熱ベストとは? 電熱ベストとは、体を温めてくれる電気ヒーターが内蔵されている服のことです。寒い冬のキャンプでは薪ストーブや石油ストーブで暖をとる方法がありますが、火事やヤケドの危険があります。 一方で、電熱ベストは火を使わないことから安心して使える冬のキャンプ道具として注目されています。 電源はスマホのモバイルバッテリー 電熱ベストで使用する電源は、スマホなどで使うモバイルバッテリーを使用します。 電熱ベストの内側にはUSBソケットとモバイルバッテリーを収納できるポケットが付いていて、温度調整も弱・中・強の3段階で調節できます。 10000mAで約8時間 電熱ベストに使うモバイルバッテリーの容量が10000mA程度であれば、電熱ベストは平均で約6〜8時間使用できます。 さらに、電熱ベストの上に防寒着を着れば保温効果も高まり、バッテリーの消費も節約できます。 電熱ベストはキャンプの他にも、 庭作業 犬の散歩 野外の試合観戦 バスや電車の待ち時間 など幅広いシーンで役に立ちます。 手洗いなら洗濯も可能 電熱ベストは手洗いであれば洗濯も可能です。USBソケットを傷めたり、ソケット内に水が残らないよう優しく手洗いしましょう。 値段もお手頃 電熱ベストは値段もお手頃です。ベストは4,000円程度、モバイルバッテリーは3,000円程度の値段のものが主流になっているので、数万円もする防寒着を買うよりもお得です。 モバイルバッテリーは充電すれば、繰り返し使えて一回の電気代は約1円なのでとてもエコです。 電熱ベストは男女兼用なので、予備の防寒着として常備しておくのも良いと思います。 まとめ)冬キャンプで一着は持っておきたい「電熱ベスト」 以上をまとめると、 電熱ベストは「ヒーターが内蔵された服」 電熱ベストは「モバイルバッテリーを使う」 電熱ベストは「外作業や散歩にも」 電熱ベストは「手洗いも可能」 電熱ベストは「値段もお手頃」...

秋キャンプに最適な服装は?

秋キャンプに最適な服装は?

昼と夜の温暖差が大きい秋キャンプの最適な服装についてまとめてみました。 2024/03/05 更新 服装は「レイヤード」 秋キャンプの服装はレイヤードにしてみましょう。レイヤードとは「重ね着」のことで、秋の日差しは気温も上がりやすく、暖かい場所では上着を脱ぎたくなる20℃くらいまで上昇することもあります。 秋キャンプの服装は細かい重ね着をして、上着はすぐに脱げるようにファスナーのついた脱着しやすい服を選び、気温の変化に対応できるようにしましょう。 朝晩は冷え込む 秋キャンプの朝晩はとても冷え込むので、ダウン生地を使った厚手のアウターを用意しておく事をおすすめします。 とくに朝起きてご飯を作るときは、すぐに暖をとれるものがないのでひざ掛けや肩に羽織るブランケットも用意しておくと便利です。 スカートや丈の短いパンツを履くときは、レギンスやスパッツを一緒に履くようにすると防寒対策になります。 着込むより小物を 1日を通して細かい気温の変化に対応するには手袋、マフラー、ネックウォーマーなどの小物を携帯するのも良いと思います。 靴下は薄手と厚手の両方を用意しておいて、寒くなれば厚手の靴下に履き替えられる準備をしておくと防寒対策になります。 就寝時は両方を重ねて履くと保温効果も高まるので、靴下は厚手と薄手の2種類を持つようにしましょう。 燃えにくい服は必須 秋キャンプでは火を扱うことが多くなるので、焚き火用ジャケットを一枚用意しておく事をおすすめします。 焚き火用ジャケットは、素材に難燃性の生地(コットン、アラミド繊維、ケブラなど)を使用しているので、火を扱う作業や焚き火をしているときに服に穴があく心配をせずに火の近くで作業することができます。 焚き火用ジャケットには、ダウンを使用した防寒タイプや撥水性を備えたタイプもあります。 まとめ)秋キャンプに最適な服装は? 以上をまとめると、秋のキャンプに最適な服装は 基本の服装は「レイヤード」 厚手と薄手の両方を用意する 脱着しやすいものを選ぶ ひざ掛けやブランケットがあると◎ 焚き火用ジャケットもあると◎ です。 服装を万全にして快適な秋キャンプを過ごしましょう。

秋キャンプに最適な服装は?

昼と夜の温暖差が大きい秋キャンプの最適な服装についてまとめてみました。 2024/03/05 更新 服装は「レイヤード」 秋キャンプの服装はレイヤードにしてみましょう。レイヤードとは「重ね着」のことで、秋の日差しは気温も上がりやすく、暖かい場所では上着を脱ぎたくなる20℃くらいまで上昇することもあります。 秋キャンプの服装は細かい重ね着をして、上着はすぐに脱げるようにファスナーのついた脱着しやすい服を選び、気温の変化に対応できるようにしましょう。 朝晩は冷え込む 秋キャンプの朝晩はとても冷え込むので、ダウン生地を使った厚手のアウターを用意しておく事をおすすめします。 とくに朝起きてご飯を作るときは、すぐに暖をとれるものがないのでひざ掛けや肩に羽織るブランケットも用意しておくと便利です。 スカートや丈の短いパンツを履くときは、レギンスやスパッツを一緒に履くようにすると防寒対策になります。 着込むより小物を 1日を通して細かい気温の変化に対応するには手袋、マフラー、ネックウォーマーなどの小物を携帯するのも良いと思います。 靴下は薄手と厚手の両方を用意しておいて、寒くなれば厚手の靴下に履き替えられる準備をしておくと防寒対策になります。 就寝時は両方を重ねて履くと保温効果も高まるので、靴下は厚手と薄手の2種類を持つようにしましょう。 燃えにくい服は必須 秋キャンプでは火を扱うことが多くなるので、焚き火用ジャケットを一枚用意しておく事をおすすめします。 焚き火用ジャケットは、素材に難燃性の生地(コットン、アラミド繊維、ケブラなど)を使用しているので、火を扱う作業や焚き火をしているときに服に穴があく心配をせずに火の近くで作業することができます。 焚き火用ジャケットには、ダウンを使用した防寒タイプや撥水性を備えたタイプもあります。 まとめ)秋キャンプに最適な服装は? 以上をまとめると、秋のキャンプに最適な服装は 基本の服装は「レイヤード」 厚手と薄手の両方を用意する 脱着しやすいものを選ぶ ひざ掛けやブランケットがあると◎ 焚き火用ジャケットもあると◎ です。 服装を万全にして快適な秋キャンプを過ごしましょう。

テントで迷ったら「ワンポールテント」にするべき2つの理由

テントで迷ったら「ワンポールテント」にするべき2つの理由

キャンプのテントを買う時に「どれを買っていいのかわからない」と悩んだ時はワンポールテントをおすすめしています。 そのおすすめする2つの理由をわかりやすく解説します。 2024/03/12 更新 たくさんあるテントの種類 最近のキャンプブームでキャンプメーカーもいろんなテントを販売するようになっていますが、その種類をあげるだけでも… ワンタッチテント ワンポールテント ワンルームテント ツールームテント ドームテント バップテント タープテント とこれだけあるので初めてテントを購入する方にとっては、種類がありすぎて迷ってしまいます。 そんな方におすすめなのがワンポールテント。おすすめする理由は、キャンプを始めるときにハードルが高くなりがちな2つの理由「設営」「値段」にあります。 設営が簡単 最初のキャンプでもっとも緊張するのがテントの設営。もし、キャンプ場で設営できなかったら、食事や就寝などキャンプの営みそのものがダメになってしまいます。 家族やカップルでキャンプに来たらカッコ悪いところを見せたくないし、設営に戸惑って気まずい空気になるのも避けたいです。 そんなリスクの高い初めてのキャンプには、ワンポールテントをおすすめします。ワンポールテントは他のテントと比べて設営にまったく手間がかかりません。 シートを広げてポールを真ん中に立てるだけの簡単設営で、面倒な組み立てや骨組みもありませんし、大型テントやタープのように設営距離を測る必要もなくペグ打ちも簡単です。 テント収納時も軽くて携帯性が良いので、初めてのキャンプで楽しい思い出作りをしたいならワンポールテントにしてみましょう。 値段が安い もう1つのおすすめする理由は「値段の安さ」。値段に関してはメーカーや仕様で個人差がありますが、収容人数などをみるとワンポールテントは他のテントと比べて値段が安く感じます。 ワンポールテントはポールなどの材料が少ないので価格が抑えられているのだと思いますが、近年のキャンプブームでいろんなメーカーがワンポールテントを扱うようになり、機能性の優れたお得なワンポールテントがとても増えています。 キャンプは他にもいろんな道具を揃える必要があるので、テントを安く手に入れられればその他の道具を集めやすくなります。 1つだけ注意点 ワンポールテントの購入時に1つだけ注意してほしい事があります。それはテントに使われている素材です。 ワンポールテントには素材に「コットン生地」を使用しているものがあるのですが、コットン生地は燃えにくい難燃性のメリットがある反面、生地が乾きづらいので雨や露で濡れたまま放置すると生地にカビが生えてしまうデメリットがあります。 それと、テントを長時間干せる場所の確保も必要になってくるので、購入する場合は使用後のメンテナンスも考えるようにしましょう。 まとめ)テントで迷ったら「ワンポールテント」にするべき2つの理由...

テントで迷ったら「ワンポールテント」にするべき2つの理由

キャンプのテントを買う時に「どれを買っていいのかわからない」と悩んだ時はワンポールテントをおすすめしています。 そのおすすめする2つの理由をわかりやすく解説します。 2024/03/12 更新 たくさんあるテントの種類 最近のキャンプブームでキャンプメーカーもいろんなテントを販売するようになっていますが、その種類をあげるだけでも… ワンタッチテント ワンポールテント ワンルームテント ツールームテント ドームテント バップテント タープテント とこれだけあるので初めてテントを購入する方にとっては、種類がありすぎて迷ってしまいます。 そんな方におすすめなのがワンポールテント。おすすめする理由は、キャンプを始めるときにハードルが高くなりがちな2つの理由「設営」「値段」にあります。 設営が簡単 最初のキャンプでもっとも緊張するのがテントの設営。もし、キャンプ場で設営できなかったら、食事や就寝などキャンプの営みそのものがダメになってしまいます。 家族やカップルでキャンプに来たらカッコ悪いところを見せたくないし、設営に戸惑って気まずい空気になるのも避けたいです。 そんなリスクの高い初めてのキャンプには、ワンポールテントをおすすめします。ワンポールテントは他のテントと比べて設営にまったく手間がかかりません。 シートを広げてポールを真ん中に立てるだけの簡単設営で、面倒な組み立てや骨組みもありませんし、大型テントやタープのように設営距離を測る必要もなくペグ打ちも簡単です。 テント収納時も軽くて携帯性が良いので、初めてのキャンプで楽しい思い出作りをしたいならワンポールテントにしてみましょう。 値段が安い もう1つのおすすめする理由は「値段の安さ」。値段に関してはメーカーや仕様で個人差がありますが、収容人数などをみるとワンポールテントは他のテントと比べて値段が安く感じます。 ワンポールテントはポールなどの材料が少ないので価格が抑えられているのだと思いますが、近年のキャンプブームでいろんなメーカーがワンポールテントを扱うようになり、機能性の優れたお得なワンポールテントがとても増えています。 キャンプは他にもいろんな道具を揃える必要があるので、テントを安く手に入れられればその他の道具を集めやすくなります。 1つだけ注意点 ワンポールテントの購入時に1つだけ注意してほしい事があります。それはテントに使われている素材です。 ワンポールテントには素材に「コットン生地」を使用しているものがあるのですが、コットン生地は燃えにくい難燃性のメリットがある反面、生地が乾きづらいので雨や露で濡れたまま放置すると生地にカビが生えてしまうデメリットがあります。 それと、テントを長時間干せる場所の確保も必要になってくるので、購入する場合は使用後のメンテナンスも考えるようにしましょう。 まとめ)テントで迷ったら「ワンポールテント」にするべき2つの理由...

秋キャンプ 秋に食べたい温かい料理

秋キャンプ 秋に食べたい温かい料理

夏の暑さも忘れて肌寒い風が吹くキャンプ場では、そろそろ温かい料理が食べたくなってきます。 本記事ではそんな秋キャンプに合った温かい料理を4つ紹介します。 2024/03/12 更新 ダッチオーブン料理 キャンプで温かい料理の代表といえば「ダッチオーブン」を思い浮かべる方も多いと思いますが、ダッチオーブンが長い間キャンプで愛される理由は鍋の素材と厚みにあります。 鍋全体を遠赤外線効果のある鋳鉄を使い、厚みのある鍋に仕上げる事で食材に熱を均等に伝えてくれるので、カレーやポトフなどのスープ料理からスタッフドチキンやローストポークのような塊肉でも芯まで火を通すことができるので幅広い料理で活躍します。 そして調理が終わった後も鍋に蓄積された熱で料理を保温することができ、トライポッドに吊るせばまさにキャンプをしている実感も得られます。 このような利点からたくさんのキャンパーに愛されているので、キャンプをするなら1度は使ってみたい道具ですね。 土鍋料理 日本人が好きな体が温まる料理といえば「土鍋料理」。土鍋料理を作ったことがあれば何も覚える必要はありません。 土鍋とコンロをそのままキャンプ場に持ってくるだけなので、キャンプの料理道具を1から揃えなくてもすぐに始められます。 キャンプ鍋は、あらかじめカットされている野菜や肉と市販のスープを使えば鍋に投入するだけなので、調理する手間も省けて簡単・時短でオススメです。 いつもは食卓で食べていた土鍋料理も、キャンプ場で食べるとまた違った味わいになり美味しくいただけます。 炭火料理 囲炉裏のように囲って暖をとりながらの「炭火料理」もオススメです。ヤマメやイワナなどの川魚を串に刺した料理を、囲炉裏テーブルを使えばみんなで暖をとりながら料理を楽しめます。 囲炉裏テーブルで注意するのは、テーブルと焚き火台のバランスが悪くなってしまわないようにすること。 テーブルや焚き火台はメーカーごとにサイズが微妙に違うので、バラバラに買うと見た目が悪くなってしまう可能性があります。なので、心配な方はメーカーを統一して購入するのが良いと思います。 囲炉裏テーブルは他にも6角形のヘキサテーブル、マルチな変形をするスノーピークのジカロテーブルもあるのでチェックしてみましょう。 手軽にすませたいなら 温かいキャンプ料理を簡単に作りたいなら「おでん」がおすすめ。 コンビニやスーパーなどで販売されているおでんセットなら用量が1〜2人前から購入できるので無駄がなく、出汁スープも一緒に入っているものであれば鍋に移し替えて温めるだけ。 ゴミもほとんど出ないので時短料理としても便利です。しかし、見た目が少し寂しくなりがちなので、鍋や器にこだわりたいところですね。 まとめ)秋キャンプ 秋に食べたい温かい料理 以上をまとめると、キャンプの温かい料理といえば 王道は「ダッチオーブン」 慣れ親しんだ「土鍋料理」 みんなで囲って「炭火料理」 簡単・時短の「おでん料理」 です。...

秋キャンプ 秋に食べたい温かい料理

夏の暑さも忘れて肌寒い風が吹くキャンプ場では、そろそろ温かい料理が食べたくなってきます。 本記事ではそんな秋キャンプに合った温かい料理を4つ紹介します。 2024/03/12 更新 ダッチオーブン料理 キャンプで温かい料理の代表といえば「ダッチオーブン」を思い浮かべる方も多いと思いますが、ダッチオーブンが長い間キャンプで愛される理由は鍋の素材と厚みにあります。 鍋全体を遠赤外線効果のある鋳鉄を使い、厚みのある鍋に仕上げる事で食材に熱を均等に伝えてくれるので、カレーやポトフなどのスープ料理からスタッフドチキンやローストポークのような塊肉でも芯まで火を通すことができるので幅広い料理で活躍します。 そして調理が終わった後も鍋に蓄積された熱で料理を保温することができ、トライポッドに吊るせばまさにキャンプをしている実感も得られます。 このような利点からたくさんのキャンパーに愛されているので、キャンプをするなら1度は使ってみたい道具ですね。 土鍋料理 日本人が好きな体が温まる料理といえば「土鍋料理」。土鍋料理を作ったことがあれば何も覚える必要はありません。 土鍋とコンロをそのままキャンプ場に持ってくるだけなので、キャンプの料理道具を1から揃えなくてもすぐに始められます。 キャンプ鍋は、あらかじめカットされている野菜や肉と市販のスープを使えば鍋に投入するだけなので、調理する手間も省けて簡単・時短でオススメです。 いつもは食卓で食べていた土鍋料理も、キャンプ場で食べるとまた違った味わいになり美味しくいただけます。 炭火料理 囲炉裏のように囲って暖をとりながらの「炭火料理」もオススメです。ヤマメやイワナなどの川魚を串に刺した料理を、囲炉裏テーブルを使えばみんなで暖をとりながら料理を楽しめます。 囲炉裏テーブルで注意するのは、テーブルと焚き火台のバランスが悪くなってしまわないようにすること。 テーブルや焚き火台はメーカーごとにサイズが微妙に違うので、バラバラに買うと見た目が悪くなってしまう可能性があります。なので、心配な方はメーカーを統一して購入するのが良いと思います。 囲炉裏テーブルは他にも6角形のヘキサテーブル、マルチな変形をするスノーピークのジカロテーブルもあるのでチェックしてみましょう。 手軽にすませたいなら 温かいキャンプ料理を簡単に作りたいなら「おでん」がおすすめ。 コンビニやスーパーなどで販売されているおでんセットなら用量が1〜2人前から購入できるので無駄がなく、出汁スープも一緒に入っているものであれば鍋に移し替えて温めるだけ。 ゴミもほとんど出ないので時短料理としても便利です。しかし、見た目が少し寂しくなりがちなので、鍋や器にこだわりたいところですね。 まとめ)秋キャンプ 秋に食べたい温かい料理 以上をまとめると、キャンプの温かい料理といえば 王道は「ダッチオーブン」 慣れ親しんだ「土鍋料理」 みんなで囲って「炭火料理」 簡単・時短の「おでん料理」 です。...