最近チェックした商品

New Items

  • 【2024年版】キャンプに便利♪おすすめのカトラリー

    【2024年版】キャンプに便利♪おすすめのカトラリー

    キャンプ用カトラリーは便利なだけでなく、割り箸だと味気なかったキャンプ料理を、色鮮やかに彩ってくれるギアの一つです。素材やデザインなど様々で、キャンプシーンに合せてカトラリーを変えるのも楽しいですよ。初めて選ぶキャンパーさんも、もう一つ欲しいと思っているキャンパーさんも、カトラリー選びの参考にしてみてくださいね。 2024/2/21 更新  キャンプ用カトラリーの魅力 出典:@nyanko1125  「キャンプ」と言えば、まずは”テント、タープ、テーブル、椅子・・・”など大物から揃える方が多いのではないかと思います。でも実はテーブルを彩る食器類もとても重要です。割り箸では少し物足りなく感じる食卓が、キャンプ用カトラリーを使うことによって、料理も一段と美味しくオシャレに見えます。食卓を飾るだけでなく、ゴミを減らすことが出来るほか、機能的で使いやすく、食べやすいのが魅力です。 キャンプ用カトラリーを使うメリット 本来カトラリーと言えば、ナイフのことを指しましたが、現代では洋食で使うスプーン・フォーク・ナイフの3点の総称のことをカトラリーと呼んでいます。またキャンプ用カトラリーでは、アウトドアで食事をする時に使うお箸など、食べるときに使う小物も含まれていることが多いです。 キャンプ用のカトラリーを使う最大のメリットは持ち運びに便利なことと耐久性です。折りたたみが出来たり、軽くて携帯にも便利になっている事が多いです。 キャンプ用カトラリーを選ぶポイント 出典:@hogehogehogehoge32 ではここからは、キャンプ用カトラリーを選ぶ際に注意したいポイントなどを見ていきましょう。素材も様々で、今お持ちのキャンプギアにピッタリのものを見つけるとキャンプでの食事もより一層楽しくなりますよ!! 人数で選ぶ  キャンプ用カトラリーを選ぶ際に、人数は重要で、「人数+1セット」で準備していくことをおすすめします。  ソロキャンプ   出典:@dokidoki_wakuwaku_camp  ソロキャンプでは1人分のカトラリーがセットになったものがおすすめです。コンパクトになるものが多く、メスティンの中に入るほどのサイズのものもあります。機能性、耐久性が高いものが多いため、自分だけのこだわったマイカトラリーを選んでみましょう。 デュオキャンプ  デュオキャンプではソロキャンプ用のカトラリーセットを2セット用意する方が多いのではないでしょうか。お友達とのデュオキャンプでは、それぞれ持ち寄ることも多いでしょう。販売している商品は少ないですが、同じカトラリーが2つずつ入ったセットもあります。こちらはご夫婦やパートナーとのデュオキャンプにピッタリです。 ファミリーキャンプ 出典:@peachlifestory  ファミリーキャンプではカトラリーセットを選ぶのがおすすめです。同じ種類のカトラリーで揃えると統一感も出て楽しめます。しかしカトラリーセットは4人用のものが多く、それ以上の人数で揃えるのであれば、ソロキャンプやデュオキャンプ用のカトラリーで人数分揃えて統一感を出すという方法もあります。 素材で選ぶ  次はカトラリーを素材別で選ぶ際の注意点やポイントに焦点を当てて見ていきましょう。素材が変わるだけで食卓の見え方がガラッと変わりますよ。お持ちのお皿などにあわせてコーディネートしてみてくださいね。 金属製 出典:@swag_gear_kobe  金属製のキャンプ用カトラリーと言えば「ステンレス・チタン・アルミ」の3種類が主な素材となります。他の素材に比べて長期的に使用することができます。【ステンレス】ステンレスは価格もお手頃で、ご自宅で使われている方が多いのではないでしょうか。錆びにくく耐久性も高いので、一度購入すると長く使うことができるのが特徴です。しかし、熱いものに使う場合はチタンよりも熱伝導率が少し上がるため、子どもなどは注意してあげた方が良いでしょう。【チタン】チタンは錆びにくく、熱に強い特徴があります。その上軽量で耐久性があるため持ち運びも安心できます。熱を伝えにくく、熱いものを食べるときに重宝します。【アルミ】アルミは軽く、とても柔らかい性質を持っています。しかし他の金属を加えることにより、強度があるアルミ製品ができあがります。錆びにくく、熱を伝えやすい特徴があるため、カトラリーから体温も伝わりやすいです。そのためよく冷えたアイスクリームを食べるときや、バターを塗るときなどに便利ですよ。 樹脂製 出典:@haru_no_ie...

    【2024年版】キャンプに便利♪おすすめのカトラリー

    キャンプ用カトラリーは便利なだけでなく、割り箸だと味気なかったキャンプ料理を、色鮮やかに彩ってくれるギアの一つです。素材やデザインなど様々で、キャンプシーンに合せてカトラリーを変えるのも楽しいですよ。初めて選ぶキャンパーさんも、もう一つ欲しいと思っているキャンパーさんも、カトラリー選びの参考にしてみてくださいね。 2024/2/21 更新  キャンプ用カトラリーの魅力 出典:@nyanko1125  「キャンプ」と言えば、まずは”テント、タープ、テーブル、椅子・・・”など大物から揃える方が多いのではないかと思います。でも実はテーブルを彩る食器類もとても重要です。割り箸では少し物足りなく感じる食卓が、キャンプ用カトラリーを使うことによって、料理も一段と美味しくオシャレに見えます。食卓を飾るだけでなく、ゴミを減らすことが出来るほか、機能的で使いやすく、食べやすいのが魅力です。 キャンプ用カトラリーを使うメリット 本来カトラリーと言えば、ナイフのことを指しましたが、現代では洋食で使うスプーン・フォーク・ナイフの3点の総称のことをカトラリーと呼んでいます。またキャンプ用カトラリーでは、アウトドアで食事をする時に使うお箸など、食べるときに使う小物も含まれていることが多いです。 キャンプ用のカトラリーを使う最大のメリットは持ち運びに便利なことと耐久性です。折りたたみが出来たり、軽くて携帯にも便利になっている事が多いです。 キャンプ用カトラリーを選ぶポイント 出典:@hogehogehogehoge32 ではここからは、キャンプ用カトラリーを選ぶ際に注意したいポイントなどを見ていきましょう。素材も様々で、今お持ちのキャンプギアにピッタリのものを見つけるとキャンプでの食事もより一層楽しくなりますよ!! 人数で選ぶ  キャンプ用カトラリーを選ぶ際に、人数は重要で、「人数+1セット」で準備していくことをおすすめします。  ソロキャンプ   出典:@dokidoki_wakuwaku_camp  ソロキャンプでは1人分のカトラリーがセットになったものがおすすめです。コンパクトになるものが多く、メスティンの中に入るほどのサイズのものもあります。機能性、耐久性が高いものが多いため、自分だけのこだわったマイカトラリーを選んでみましょう。 デュオキャンプ  デュオキャンプではソロキャンプ用のカトラリーセットを2セット用意する方が多いのではないでしょうか。お友達とのデュオキャンプでは、それぞれ持ち寄ることも多いでしょう。販売している商品は少ないですが、同じカトラリーが2つずつ入ったセットもあります。こちらはご夫婦やパートナーとのデュオキャンプにピッタリです。 ファミリーキャンプ 出典:@peachlifestory  ファミリーキャンプではカトラリーセットを選ぶのがおすすめです。同じ種類のカトラリーで揃えると統一感も出て楽しめます。しかしカトラリーセットは4人用のものが多く、それ以上の人数で揃えるのであれば、ソロキャンプやデュオキャンプ用のカトラリーで人数分揃えて統一感を出すという方法もあります。 素材で選ぶ  次はカトラリーを素材別で選ぶ際の注意点やポイントに焦点を当てて見ていきましょう。素材が変わるだけで食卓の見え方がガラッと変わりますよ。お持ちのお皿などにあわせてコーディネートしてみてくださいね。 金属製 出典:@swag_gear_kobe  金属製のキャンプ用カトラリーと言えば「ステンレス・チタン・アルミ」の3種類が主な素材となります。他の素材に比べて長期的に使用することができます。【ステンレス】ステンレスは価格もお手頃で、ご自宅で使われている方が多いのではないでしょうか。錆びにくく耐久性も高いので、一度購入すると長く使うことができるのが特徴です。しかし、熱いものに使う場合はチタンよりも熱伝導率が少し上がるため、子どもなどは注意してあげた方が良いでしょう。【チタン】チタンは錆びにくく、熱に強い特徴があります。その上軽量で耐久性があるため持ち運びも安心できます。熱を伝えにくく、熱いものを食べるときに重宝します。【アルミ】アルミは軽く、とても柔らかい性質を持っています。しかし他の金属を加えることにより、強度があるアルミ製品ができあがります。錆びにくく、熱を伝えやすい特徴があるため、カトラリーから体温も伝わりやすいです。そのためよく冷えたアイスクリームを食べるときや、バターを塗るときなどに便利ですよ。 樹脂製 出典:@haru_no_ie...

  • 【2024年版】キャンプ・アウトドアに!!オススメのまな板(カッティングボード)

    【2024年版】キャンプ・アウトドアに!!オススメのまな板(カッティングボード)

    キャンプ料理をする上で必要な道具の一つである、まな板(カッティングボード)。 しかし、いざまな板を探してみると素材や形状などいろいろなものがあって、どれが自分に合っているのか迷ったことはありませんか? オシャレな器として、機能性や大きさ、収納性など様々な角度からまな板について見ていきましょう。  2024/2/21 更新  キャンプ用まな板を使うメリット キャンプ用のまな板を使うメリットは、自宅で料理するのとは違い、平らな場所で食材を切れるとは限りません。そんなときに安定して食材をカットするのに便利です。また、今やまな板は”食材を切る”と言う機能だけでなく、そのままお皿として使ったり、コンパクトに収納できて持ち運びに便利だったり、他のキャンプギアもセットになっていたりと、キャンプで使いやすい仕様になっているものが多いんですよ。 特徴ごとに、キャンプ用まな板の上手な選び方を考えてみよう ひとことにまな板と言っても、大きさや重さ、収納のしやすさなど、ただ食材を切るだけに使うにはもったいないほどオシャレなものなどなど様々です。それぞれに特徴があるので、ここからは、その特徴に分けて見ていきましょう。 大きさ・コンパクトさで選ぶ キャンプ用のまな板は、大きいよりは小さい方が持ち運びに便利です。だからと言って小さすぎると食材が切りにくいと言うことがあるので、食材の用途に合わせて選びましょう。今はコンパクトに折りたためるものなどもあるので、持ち運びや、自宅で収納するときのことを考えて選ぶのも良いでしょう。 重さで選ぶ キャンプ用まな板は木製や樹脂製のものがほとんどです。やはり木製は分厚く重いものが多くなります。それに対して樹脂製のものの方が薄くて軽いです。ただ、木製の方が見た目にはオシャレで、樹脂製のものは少し味気なく感じるかもしれません。 形状で選ぶ 形状としては、丸いもの、長方形や正方形のもの、取っ手の付いたもの、折りたたみの出来るものなど、色々なものがあります。角を丸くしているものは見た目も可愛く、収納時に他のキャンプギアを傷つける心配もありません。リバーシブルに使えるものはお肉やお魚、野菜など分けてカットできるので便利で、まな板の外周に溝があるものは、そのまま食材を盛り付けたときにソースなどが垂れにくい特徴があります。長さのあるまな板は魚などの調理に便利で、折りたたみが出来るものは持ち運びに便利ですね。 お皿としても使えるものを選ぶ 出典:@chie625chie 木製のまな板は、そのままお皿として使っても見た目にもオシャレで、キャンプの雰囲気にもピッタリです。まな板によっては外周に溝が施されたものもあり、肉汁やドレッシングなどがこぼれにくいものもあるので、お皿としても使うことが多いのであれば一つ持っておいても良いでしょう。 まな板とセットで選ぶ 出典:@campmarket2015 まな板のセットとしては、包丁とセットになっているものがほとんどです。 二つ折りになるまな板の内部に収納部分があり、包丁が飛び出さず持ち運びも安全なタイプ。まな板、ナイフ、キッチンクロスなどがセットになっており、キッチンクロスが収納袋になるタイプなどが代表的です。自分のキャンプスタイルに合わせて選ぶことが重要です。 まな板を素材別に見てみよう ではここからは、まな板を素材ごとに分けて見ていきましょう。 素材によってお手入れの仕方も変わってきます。熱に強いまな板は鍋敷きとしても使えたり、料理をそのまま盛り付けたり、持ち運びに便利だったりといろいろな特徴があるので、ご自身のキャンプ料理に合うものを選びましょう。 木製 調理のしやすさ、オシャレさが抜群です。食材が滑りにくく安定してカットできるのが特徴で、包丁の刃への負担が少ないです。 キャンプ料理をする際には常に平らな場所で料理できるとは限りません。そんな時にはまな板が曲がったりせず、安定して食材をカットできる木製が重宝します。木製のまな板にも種類があるので、代表的なものを分けて説明していきますね。 ・オリーブ材 出典:@tomotomo555tomotomo...

    【2024年版】キャンプ・アウトドアに!!オススメのまな板(カッティングボード)

    キャンプ料理をする上で必要な道具の一つである、まな板(カッティングボード)。 しかし、いざまな板を探してみると素材や形状などいろいろなものがあって、どれが自分に合っているのか迷ったことはありませんか? オシャレな器として、機能性や大きさ、収納性など様々な角度からまな板について見ていきましょう。  2024/2/21 更新  キャンプ用まな板を使うメリット キャンプ用のまな板を使うメリットは、自宅で料理するのとは違い、平らな場所で食材を切れるとは限りません。そんなときに安定して食材をカットするのに便利です。また、今やまな板は”食材を切る”と言う機能だけでなく、そのままお皿として使ったり、コンパクトに収納できて持ち運びに便利だったり、他のキャンプギアもセットになっていたりと、キャンプで使いやすい仕様になっているものが多いんですよ。 特徴ごとに、キャンプ用まな板の上手な選び方を考えてみよう ひとことにまな板と言っても、大きさや重さ、収納のしやすさなど、ただ食材を切るだけに使うにはもったいないほどオシャレなものなどなど様々です。それぞれに特徴があるので、ここからは、その特徴に分けて見ていきましょう。 大きさ・コンパクトさで選ぶ キャンプ用のまな板は、大きいよりは小さい方が持ち運びに便利です。だからと言って小さすぎると食材が切りにくいと言うことがあるので、食材の用途に合わせて選びましょう。今はコンパクトに折りたためるものなどもあるので、持ち運びや、自宅で収納するときのことを考えて選ぶのも良いでしょう。 重さで選ぶ キャンプ用まな板は木製や樹脂製のものがほとんどです。やはり木製は分厚く重いものが多くなります。それに対して樹脂製のものの方が薄くて軽いです。ただ、木製の方が見た目にはオシャレで、樹脂製のものは少し味気なく感じるかもしれません。 形状で選ぶ 形状としては、丸いもの、長方形や正方形のもの、取っ手の付いたもの、折りたたみの出来るものなど、色々なものがあります。角を丸くしているものは見た目も可愛く、収納時に他のキャンプギアを傷つける心配もありません。リバーシブルに使えるものはお肉やお魚、野菜など分けてカットできるので便利で、まな板の外周に溝があるものは、そのまま食材を盛り付けたときにソースなどが垂れにくい特徴があります。長さのあるまな板は魚などの調理に便利で、折りたたみが出来るものは持ち運びに便利ですね。 お皿としても使えるものを選ぶ 出典:@chie625chie 木製のまな板は、そのままお皿として使っても見た目にもオシャレで、キャンプの雰囲気にもピッタリです。まな板によっては外周に溝が施されたものもあり、肉汁やドレッシングなどがこぼれにくいものもあるので、お皿としても使うことが多いのであれば一つ持っておいても良いでしょう。 まな板とセットで選ぶ 出典:@campmarket2015 まな板のセットとしては、包丁とセットになっているものがほとんどです。 二つ折りになるまな板の内部に収納部分があり、包丁が飛び出さず持ち運びも安全なタイプ。まな板、ナイフ、キッチンクロスなどがセットになっており、キッチンクロスが収納袋になるタイプなどが代表的です。自分のキャンプスタイルに合わせて選ぶことが重要です。 まな板を素材別に見てみよう ではここからは、まな板を素材ごとに分けて見ていきましょう。 素材によってお手入れの仕方も変わってきます。熱に強いまな板は鍋敷きとしても使えたり、料理をそのまま盛り付けたり、持ち運びに便利だったりといろいろな特徴があるので、ご自身のキャンプ料理に合うものを選びましょう。 木製 調理のしやすさ、オシャレさが抜群です。食材が滑りにくく安定してカットできるのが特徴で、包丁の刃への負担が少ないです。 キャンプ料理をする際には常に平らな場所で料理できるとは限りません。そんな時にはまな板が曲がったりせず、安定して食材をカットできる木製が重宝します。木製のまな板にも種類があるので、代表的なものを分けて説明していきますね。 ・オリーブ材 出典:@tomotomo555tomotomo...

  • 【2024年版】キャンプ料理の便利道具!おすすめバーベキュートング!

    【2024年版】キャンプ料理の便利道具!おすすめバーベキュートング!

    アウトドアシーンでトングが活躍する場面はたくさんあります。ひとことにトングと言っても炭用やお肉用、魚用や野菜用など、それぞれの使用シーンにあったトングがあり、奥が深いんです。「種類が多すぎて、どのトングを選べばいいのか分からない」なんて方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、初心者の方にも分かりやすいように、トングの基本的な役割や種類、選び方について解説していきます。ぜひこの記事を参考にして、理想のトングを手に入れましょう! 2024/2/21 更新 キャンプ用トングとは? トングはアウトドアギアの中では脇役かもしれません。 でも無いと困るアウトドア料理には欠かせない調理道具です。 トングは菜箸とは違い、食材をしっかりとつかみ、熱い物や滑りやすいものも扱いやすくなります。 高温にも耐えられる金属製のトング、食材を傷つけず、柔軟性のあるシリコン製のトングなど、素材も様々です。 また長さやグリップの持ちやすさなども、それぞれに特徴があります。自分の好みやニーズに合わせて、トングを選ぶことでアウトドア料理もいちだんと楽しくなりますよ。 トングの種類 出典:@yandm.camp トングには、大きく分けて調理用トングと炭用トングの2つの主な種類があります。 調理用トングは、食材を掴んだり、裏返したり、取り分けなどの調理作業に適しています。ほとんどのトングは高温にも強い素材で、 様々なサイズや形状があり、肉や魚、野菜などの調理に適したバリエーションがあります。一方、炭用トングは炭や薪を待つために特化しています。 耐熱性と耐久性が求められ、炭をつかんで移動したり、炭の整理などに適した設計となっています。 炭用トングはしっかりとしたグリップや長いハンドルが特徴で、熱い炭を安全に扱うことができます。 調理用トングと炭用トングはそれぞれ異なる目的に合わせた機能と特徴を持っています。 ではここで調理用、炭用の2種類についてトングを分けて見ていきましょう。 調理用 調理用トングも種類があるので、扱う素材によって分けてご紹介していきます。 ・肉用 出典:@enjoy_nature_official まずトングを使う食材で、一番多いのはお肉ではないでしょうか。 お肉用のバーベキュートングは金属製が主流で、長めのハンドルとしっかりとしたグリップが特徴です。また、高温の火の上で使うことが多く、耐熱性も必要になってきます。 スライスしたお肉を扱う場合、トングの先端が細いものを使うと、ひっくり返したり、移動させたりと、細かい作業がしやすいです。 また、大きなお肉や厚さのあるステーキなどは、ワイドなトングを選ぶといいでしょう。 ・魚用 出典:@flickcart_jp  菜箸で焼き魚をつかむと崩れやすく、ひっくり返すのも一苦労ですよね。お魚用のトングは幅が広く、手の指を組む様な形や、フライ返しを重ねたような形で、お魚をしっかりつかめる形状のトングが便利です。選ぶ際には、使いやすさ、耐久性、メンテナンスのしやすさを考慮し、自分の調理スタイルや好みに合ったお魚用トングを選びましょう。...

    【2024年版】キャンプ料理の便利道具!おすすめバーベキュートング!

    アウトドアシーンでトングが活躍する場面はたくさんあります。ひとことにトングと言っても炭用やお肉用、魚用や野菜用など、それぞれの使用シーンにあったトングがあり、奥が深いんです。「種類が多すぎて、どのトングを選べばいいのか分からない」なんて方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、初心者の方にも分かりやすいように、トングの基本的な役割や種類、選び方について解説していきます。ぜひこの記事を参考にして、理想のトングを手に入れましょう! 2024/2/21 更新 キャンプ用トングとは? トングはアウトドアギアの中では脇役かもしれません。 でも無いと困るアウトドア料理には欠かせない調理道具です。 トングは菜箸とは違い、食材をしっかりとつかみ、熱い物や滑りやすいものも扱いやすくなります。 高温にも耐えられる金属製のトング、食材を傷つけず、柔軟性のあるシリコン製のトングなど、素材も様々です。 また長さやグリップの持ちやすさなども、それぞれに特徴があります。自分の好みやニーズに合わせて、トングを選ぶことでアウトドア料理もいちだんと楽しくなりますよ。 トングの種類 出典:@yandm.camp トングには、大きく分けて調理用トングと炭用トングの2つの主な種類があります。 調理用トングは、食材を掴んだり、裏返したり、取り分けなどの調理作業に適しています。ほとんどのトングは高温にも強い素材で、 様々なサイズや形状があり、肉や魚、野菜などの調理に適したバリエーションがあります。一方、炭用トングは炭や薪を待つために特化しています。 耐熱性と耐久性が求められ、炭をつかんで移動したり、炭の整理などに適した設計となっています。 炭用トングはしっかりとしたグリップや長いハンドルが特徴で、熱い炭を安全に扱うことができます。 調理用トングと炭用トングはそれぞれ異なる目的に合わせた機能と特徴を持っています。 ではここで調理用、炭用の2種類についてトングを分けて見ていきましょう。 調理用 調理用トングも種類があるので、扱う素材によって分けてご紹介していきます。 ・肉用 出典:@enjoy_nature_official まずトングを使う食材で、一番多いのはお肉ではないでしょうか。 お肉用のバーベキュートングは金属製が主流で、長めのハンドルとしっかりとしたグリップが特徴です。また、高温の火の上で使うことが多く、耐熱性も必要になってきます。 スライスしたお肉を扱う場合、トングの先端が細いものを使うと、ひっくり返したり、移動させたりと、細かい作業がしやすいです。 また、大きなお肉や厚さのあるステーキなどは、ワイドなトングを選ぶといいでしょう。 ・魚用 出典:@flickcart_jp  菜箸で焼き魚をつかむと崩れやすく、ひっくり返すのも一苦労ですよね。お魚用のトングは幅が広く、手の指を組む様な形や、フライ返しを重ねたような形で、お魚をしっかりつかめる形状のトングが便利です。選ぶ際には、使いやすさ、耐久性、メンテナンスのしやすさを考慮し、自分の調理スタイルや好みに合ったお魚用トングを選びましょう。...

1 3
1 2