パソコン用の画像スマートフォン用の画像

最近チェックした商品

New Items

  • 【2024年版】アウトドアに便利なキャンプ用の箸!!おすすめ商品もご紹介します

    【2024年版】アウトドアに便利なキャンプ用の箸!!おすすめ商品もご紹介します

    洗って何度でも繰り返し使えるキャンプ用の箸は、アウトドアでの食事に便利な道具です。 折りたたみ式やコンパクトで持ち運びに便利なデザインだったり、木製や竹製、プラスチック製など素材もさまざまです。キャンプやハイキングなどのアウトドア活動だけでなく、ピクニックやレジャーにも便利です。今回は、キャンプ用の箸の魅力や選び方、おすすめ商品などをご紹介していきます。 キャンプ用箸の魅力 出典:@funasyou.ohashi エコの観点からも繰り返し使えるキャンプ用の箸は、環境にも優しく、割り箸では味気ない食卓が一気にオシャレになるため、人気キャンプギアの一つです。また、割り箸よりも長いものが多く、キャンプ料理でも使いやすさ抜群で活躍します。素材やデザインもたくさんあるので、自分にピッタリのものを見つけてくださいね。 キャンプ用箸を選ぶ時のポイント キャンプ用箸を選ぶ際のポイントは、素材や使い勝手、持ち運びのしやすさなどが挙げられます。まず、軽量で丈夫な素材を選ぶことが重要です。竹や木製、チタン、ステンレスなどが一般的です。また、使い勝手も重要で、握りやすく滑りにくいデザインや、洗いやすさも見ておきましょう。折りたたみ式やコンパクトなサイズも、持ち運びに便利です。自分の使い方や好みに合った箸を選ぶことで、キャンプやアウトドアでの食事がより快適になります。ここでは、素材やタイプ別にキャンプ用の箸の選び方を説明していきますね。 ◆素材 天然素材 出典:@sevens_i_2021 【木製】木製の箸は、家庭で使っているキャンパーも多いのではないでしょうか。普段から親しんだ素材だからこそ、使いやすさはもちろん、温かみのある見た目は、他のキャンプギアを木製で揃えている方にピッタリです。【竹製】竹製の箸はしなりが良く折れにくいことが特徴です。また、軽いことや、食べ物を掴みやすい事もメリットです。一般的には竹製の箸は、木製の箸や金属製の箸に比べて手頃な価格なものも多いです。デメリットはカビが生えやすいため、使ったあとは洗ってしっかり乾燥させましょう。金属素材 出典:@sawa_camp_ 【チタン製】チタンの特徴は軽くて丈夫で、熱が伝わりにくいため、キャンプ料理での菜箸代わりに使うときも安心して使うことが出来ます。また、汚れも落ちやすく、金属臭が苦手な人にも使いやすいです。【ステンレス製】チタンのように丈夫で汚れも落ちやすく、衛生的に使えることで有名ですが、チタンより重量が増してしまうのがデメリットと言えます。しかし、価格は高くないため、コスパはいいです。 合成樹脂素材 出典:@poka_taro_camp 【プラスチック製】 樹脂やプラスチック製の箸は価格が安く、カラーバリエーションも豊富なのが特徴です。家族でのキャンプなど、大人数でのキャンプ向きです。 ◆タイプ 出典:@km3.horizontal.grays 【分割タイプ】キャンプで使うものは持ち運びすることが前提になるので、コンパクトに収納や折りたたみできるものが人気であることが多いです。分解タイプは箸の真ん中あたりで分解できるため、半分くらいの長さになり、持ち運びに便利です。また、収納タイプは箸の真ん中あたりで持ち手部分に先端部分が収納できるものです。こちらのタイプは箸を分解してバラバラにするのとは違い、パーツをなくしにくい点ではメリットと言えます。【スタンダードタイプ】こちらは分割できないお家で使うようなタイプの箸になります。持ち運びには少し不便さを感じるかもしれませんが、種類が多いのが特徴で、使い心地は、普段から使っている箸と代わらないので使いやすいでしょう。 ◆形状 出典:@outdoorshop_woodstock 【形状】箸で食べ物をつかむ事を重視するなら、箸の先端に滑り止め加工のあるものを選ぶといいでしょう。また、キャンプでは水平な場所にテーブルを置けるとも限りません。この場合、箸をテーブルに置いたとき、転がりにくさを重視するのであれば、ラウンド型を避けた方がいいですよ。 ◆長さ 箸の長さで迷っている人は、20センチ以上の長さの箸を選ぶことで、食事にも調理にも使えるため便利です。また、調理でも箸を使いたいのであれば素材はチタン製がいいでしょう。熱伝導率が低く調理にも向いています。箸を選ぶ際の目安の長さは、男性は23cm前後、女性は21cm前後が食事にも調理にも使いやすいでしょう。 キャンプ用箸のおすすめ商品8選 ここでは、おすすめするキャンプ用箸を8つご紹介します。素材や形状など、それぞれ見ていきましょう。キャンプ用箸を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。【Boundless Voyage/チタン箸 Ti1004T】 出典:Amazon...

    【2024年版】アウトドアに便利なキャンプ用の箸!!おすすめ商品もご紹介します

    洗って何度でも繰り返し使えるキャンプ用の箸は、アウトドアでの食事に便利な道具です。 折りたたみ式やコンパクトで持ち運びに便利なデザインだったり、木製や竹製、プラスチック製など素材もさまざまです。キャンプやハイキングなどのアウトドア活動だけでなく、ピクニックやレジャーにも便利です。今回は、キャンプ用の箸の魅力や選び方、おすすめ商品などをご紹介していきます。 キャンプ用箸の魅力 出典:@funasyou.ohashi エコの観点からも繰り返し使えるキャンプ用の箸は、環境にも優しく、割り箸では味気ない食卓が一気にオシャレになるため、人気キャンプギアの一つです。また、割り箸よりも長いものが多く、キャンプ料理でも使いやすさ抜群で活躍します。素材やデザインもたくさんあるので、自分にピッタリのものを見つけてくださいね。 キャンプ用箸を選ぶ時のポイント キャンプ用箸を選ぶ際のポイントは、素材や使い勝手、持ち運びのしやすさなどが挙げられます。まず、軽量で丈夫な素材を選ぶことが重要です。竹や木製、チタン、ステンレスなどが一般的です。また、使い勝手も重要で、握りやすく滑りにくいデザインや、洗いやすさも見ておきましょう。折りたたみ式やコンパクトなサイズも、持ち運びに便利です。自分の使い方や好みに合った箸を選ぶことで、キャンプやアウトドアでの食事がより快適になります。ここでは、素材やタイプ別にキャンプ用の箸の選び方を説明していきますね。 ◆素材 天然素材 出典:@sevens_i_2021 【木製】木製の箸は、家庭で使っているキャンパーも多いのではないでしょうか。普段から親しんだ素材だからこそ、使いやすさはもちろん、温かみのある見た目は、他のキャンプギアを木製で揃えている方にピッタリです。【竹製】竹製の箸はしなりが良く折れにくいことが特徴です。また、軽いことや、食べ物を掴みやすい事もメリットです。一般的には竹製の箸は、木製の箸や金属製の箸に比べて手頃な価格なものも多いです。デメリットはカビが生えやすいため、使ったあとは洗ってしっかり乾燥させましょう。金属素材 出典:@sawa_camp_ 【チタン製】チタンの特徴は軽くて丈夫で、熱が伝わりにくいため、キャンプ料理での菜箸代わりに使うときも安心して使うことが出来ます。また、汚れも落ちやすく、金属臭が苦手な人にも使いやすいです。【ステンレス製】チタンのように丈夫で汚れも落ちやすく、衛生的に使えることで有名ですが、チタンより重量が増してしまうのがデメリットと言えます。しかし、価格は高くないため、コスパはいいです。 合成樹脂素材 出典:@poka_taro_camp 【プラスチック製】 樹脂やプラスチック製の箸は価格が安く、カラーバリエーションも豊富なのが特徴です。家族でのキャンプなど、大人数でのキャンプ向きです。 ◆タイプ 出典:@km3.horizontal.grays 【分割タイプ】キャンプで使うものは持ち運びすることが前提になるので、コンパクトに収納や折りたたみできるものが人気であることが多いです。分解タイプは箸の真ん中あたりで分解できるため、半分くらいの長さになり、持ち運びに便利です。また、収納タイプは箸の真ん中あたりで持ち手部分に先端部分が収納できるものです。こちらのタイプは箸を分解してバラバラにするのとは違い、パーツをなくしにくい点ではメリットと言えます。【スタンダードタイプ】こちらは分割できないお家で使うようなタイプの箸になります。持ち運びには少し不便さを感じるかもしれませんが、種類が多いのが特徴で、使い心地は、普段から使っている箸と代わらないので使いやすいでしょう。 ◆形状 出典:@outdoorshop_woodstock 【形状】箸で食べ物をつかむ事を重視するなら、箸の先端に滑り止め加工のあるものを選ぶといいでしょう。また、キャンプでは水平な場所にテーブルを置けるとも限りません。この場合、箸をテーブルに置いたとき、転がりにくさを重視するのであれば、ラウンド型を避けた方がいいですよ。 ◆長さ 箸の長さで迷っている人は、20センチ以上の長さの箸を選ぶことで、食事にも調理にも使えるため便利です。また、調理でも箸を使いたいのであれば素材はチタン製がいいでしょう。熱伝導率が低く調理にも向いています。箸を選ぶ際の目安の長さは、男性は23cm前後、女性は21cm前後が食事にも調理にも使いやすいでしょう。 キャンプ用箸のおすすめ商品8選 ここでは、おすすめするキャンプ用箸を8つご紹介します。素材や形状など、それぞれ見ていきましょう。キャンプ用箸を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。【Boundless Voyage/チタン箸 Ti1004T】 出典:Amazon...

  • 【2024年版】キャンプに持って行く調味料をまとめて収納!!おすすめのスパイスボックスまでご紹介

    【2024年版】キャンプに持って行く調味料をまとめて収納!!おすすめのスパイスボックスまでご紹介

    キャンプ料理に欠かせない調味料ですが、調味料がたくさんあって、持ち運びに困った経験はありませんか?今回は調味料をまとめて収納できるスパイスボックスのメリットや選び方、おすすめ商品などをまとめました。調味料もスマートに、オシャレに持ち運びましょう。 2024/05/22 更新 スパイスボックスのメリット 近年のキャンプは「オシャレ」に「カッコよく」などキャンプのレイアウトにも力が入りますよね。そんなキャンパーには、ぜひ持って欲しいアイテムが「スパイスボックス」です。調味料がゴロゴロと荷物の中に入っている、テーブルの上に載っている、とお世辞にもオシャレとは言えないですよね。調味料もスッキリまとめてスマートに持ち運びましょう。そんなスパイスボックスの特徴と魅力についてご説明しますね。 ◆特徴 出典:@dat_chin スパイスボックスの特徴といえば、キャンプでの持ち運びの際に衝撃から守ってくれることです。瓶などに入っている調味料は、仕切りのあるスパイスボックスであれば、リュックなどの中でばらばらに入った調味料同士がぶつかり、瓶が割れてしまうことを防いでくれます。また、取っ手がついているものがほとんどで、持ち運びも便利になります。 ◆魅力 出典:@kiyomi.yamazuki スパイスボックスのいちばんの魅力は、キャンプ料理の際にもサッと出して、サッと使える事ではないでしょうか。カバンの中も整頓されるのでメリットは大いにあります。今ではさまざまなサイズやデザインがあり、使いやすさと収納性を兼ね備えています。スパイスボックスはアウトドア料理のアクセントとなり、キャンプをより楽しくする魅力を持っています。 スパイスボックスの選び方 出典:@village_vanguard スパイスボックスを選ぶ際には、耐久性やサイズ、形状など、持ち運びや収納に適したものを選ぶと便利です。取り扱いやすさもポイントで、開閉しやすいものや、調味料を出し入れしやすい口の広さが重要です。さまざまな種類やデザインがあるので、自分の使い方や好みに合ったものを選ぶようにしましょう。 ◆サイズで選ぶ スパイスボックスをサイズで選ぶときは、まず使用する調味料の量を考慮することが重要です。ソロキャンプなのか、大人数でのキャンプなのか、一泊なのか、連泊なのかなどによっても変わってきます。また、調味料は複数個持参することが一般的なので、収納スペースや、持ち運びのしやすさも考慮しましょう。サイズ選びのポイントは、使用する調味料の量と種類、持ち運びやすさ、収納スペースの確保です。これらを考慮して、自分に最適なサイズのスパイスボックスを選ぶと良いでしょう。 ◆デザインで選ぶ スパイスボックスをデザインで選ぶ際には、使いやすさと機能性を重視することが大切です。開閉しやすい蓋や口の広さか。調味料の出し入れはしやすいか。など、ストレスを感じないデザインを選びましょう。また、軽量で持ち運びしやすいことも重要です。キャンプでは荷物が増えがちなので、コンパクトかつ軽量なものが便利です。さらに、アウトドアでの使用に適した丈夫な素材かどうかなども考慮して、自分に合ったスパイスボックスを選ぶと便利です。 ・見開きタイプ 出典:@sotoshiru 木製のものが多く、縦型です。左右に開いて置くとスパイスラックになり、見た目にもオシャレで、調味料も選びやすいです。引き出しが付いているものや、キッチンペーパーを収納出来るものもあります。そのまま自宅で使用してもオシャレな反面、少し重く、かさばってしまうことがデメリットと言えます。 ・折りたたみタイプ 出典:@dracul3733a 帆布のように丈夫な布で出来ているものが多く、スパイスボトルをひとつひとつゴムなどで固定し、クルッとまとめるタイプです。スパイスボトルが固定されているため、破損の心配も少ないと言えます。 ・ポーチタイプ 出典:@tateisukanna.store ナイロン製や布製のものが一般的で、クッション性のあるものであれば、衝撃も吸収してくれるでしょう。なんと言っても軽量であることが多く、持ち運びの負担を軽減してくれます。スパイスボックスとしてだけではなく、小物入れにもなるものが多く、色んな使い方が出来るのが特徴です。 ◆素材で選ぶ ここでは、スパイスボックスを素材ごとに分けて選び方を見ていきます。素材別にどんな特徴があるのか、自分のキャンプスタイルに合うものを選んでくださいね。 ・木製...

    【2024年版】キャンプに持って行く調味料をまとめて収納!!おすすめのスパイスボックスまでご紹介

    キャンプ料理に欠かせない調味料ですが、調味料がたくさんあって、持ち運びに困った経験はありませんか?今回は調味料をまとめて収納できるスパイスボックスのメリットや選び方、おすすめ商品などをまとめました。調味料もスマートに、オシャレに持ち運びましょう。 2024/05/22 更新 スパイスボックスのメリット 近年のキャンプは「オシャレ」に「カッコよく」などキャンプのレイアウトにも力が入りますよね。そんなキャンパーには、ぜひ持って欲しいアイテムが「スパイスボックス」です。調味料がゴロゴロと荷物の中に入っている、テーブルの上に載っている、とお世辞にもオシャレとは言えないですよね。調味料もスッキリまとめてスマートに持ち運びましょう。そんなスパイスボックスの特徴と魅力についてご説明しますね。 ◆特徴 出典:@dat_chin スパイスボックスの特徴といえば、キャンプでの持ち運びの際に衝撃から守ってくれることです。瓶などに入っている調味料は、仕切りのあるスパイスボックスであれば、リュックなどの中でばらばらに入った調味料同士がぶつかり、瓶が割れてしまうことを防いでくれます。また、取っ手がついているものがほとんどで、持ち運びも便利になります。 ◆魅力 出典:@kiyomi.yamazuki スパイスボックスのいちばんの魅力は、キャンプ料理の際にもサッと出して、サッと使える事ではないでしょうか。カバンの中も整頓されるのでメリットは大いにあります。今ではさまざまなサイズやデザインがあり、使いやすさと収納性を兼ね備えています。スパイスボックスはアウトドア料理のアクセントとなり、キャンプをより楽しくする魅力を持っています。 スパイスボックスの選び方 出典:@village_vanguard スパイスボックスを選ぶ際には、耐久性やサイズ、形状など、持ち運びや収納に適したものを選ぶと便利です。取り扱いやすさもポイントで、開閉しやすいものや、調味料を出し入れしやすい口の広さが重要です。さまざまな種類やデザインがあるので、自分の使い方や好みに合ったものを選ぶようにしましょう。 ◆サイズで選ぶ スパイスボックスをサイズで選ぶときは、まず使用する調味料の量を考慮することが重要です。ソロキャンプなのか、大人数でのキャンプなのか、一泊なのか、連泊なのかなどによっても変わってきます。また、調味料は複数個持参することが一般的なので、収納スペースや、持ち運びのしやすさも考慮しましょう。サイズ選びのポイントは、使用する調味料の量と種類、持ち運びやすさ、収納スペースの確保です。これらを考慮して、自分に最適なサイズのスパイスボックスを選ぶと良いでしょう。 ◆デザインで選ぶ スパイスボックスをデザインで選ぶ際には、使いやすさと機能性を重視することが大切です。開閉しやすい蓋や口の広さか。調味料の出し入れはしやすいか。など、ストレスを感じないデザインを選びましょう。また、軽量で持ち運びしやすいことも重要です。キャンプでは荷物が増えがちなので、コンパクトかつ軽量なものが便利です。さらに、アウトドアでの使用に適した丈夫な素材かどうかなども考慮して、自分に合ったスパイスボックスを選ぶと便利です。 ・見開きタイプ 出典:@sotoshiru 木製のものが多く、縦型です。左右に開いて置くとスパイスラックになり、見た目にもオシャレで、調味料も選びやすいです。引き出しが付いているものや、キッチンペーパーを収納出来るものもあります。そのまま自宅で使用してもオシャレな反面、少し重く、かさばってしまうことがデメリットと言えます。 ・折りたたみタイプ 出典:@dracul3733a 帆布のように丈夫な布で出来ているものが多く、スパイスボトルをひとつひとつゴムなどで固定し、クルッとまとめるタイプです。スパイスボトルが固定されているため、破損の心配も少ないと言えます。 ・ポーチタイプ 出典:@tateisukanna.store ナイロン製や布製のものが一般的で、クッション性のあるものであれば、衝撃も吸収してくれるでしょう。なんと言っても軽量であることが多く、持ち運びの負担を軽減してくれます。スパイスボックスとしてだけではなく、小物入れにもなるものが多く、色んな使い方が出来るのが特徴です。 ◆素材で選ぶ ここでは、スパイスボックスを素材ごとに分けて選び方を見ていきます。素材別にどんな特徴があるのか、自分のキャンプスタイルに合うものを選んでくださいね。 ・木製...

  • 【2024年版】これを見れば迷わない!キャンプで使えるキャンプリュック(バックパック)の選び方からおすすめ商品までご紹介

    【2024年版】これを見れば迷わない!キャンプで使えるキャンプリュック(バックパック)の選び方...

    キャンプリュックやバックパックは、キャンプ愛好家にとって欠かせないアイテムですよね。機能性や耐久性など、商品によってさまざまですが、キャンプリュックを選ぶ際には、人気のブランドや特徴的なデザインにも注目が集まります。 キャンプに必要な装備や食料を収納できる容量や、背負いやすさ、防水性など、自身のニーズに合った商品を選ぶことが大切です。価格帯も幅広く、初心者から上級者まで満足できる商品が幅広くあるので、この記事を読んでキャンプリュックを選ぶ参考にしてみてくださいね。 キャンプリュック(バックパック)の基本 出典:@painmomo リュックと言っても、通学や登山、マザーズなど使う方によって用途はさまざまです。この記事では、キャンプ用のリュックについてご説明していきますね。「キャンプリュック」というと、登山用リュックやハンティング用リュックの中からキャンプ用として使いやすいものを選ぶことが多く、徒歩キャンプやツーリングキャンプをされているキャンパーに必須と言っていいほど便利なアイテムです。 ◆キャンプリュック(バックパック)とは キャンプリュックもバックパックもザックも同じ「リュックサック」です。ただ、呼び方が違うだけでみなさんのイメージが変わりますよね。キャンプリュックと言えば、その名前からキャンプに使うリュックサック、バックパックであればバックパッカーが使うリュックサック、ザックと言えば登山家が使うリュックサックのイメージが強いと思います。ただ、一般的なリュックサックとは違い、アウトドア用のリュックサックには、特有の機能やデザインがあります。例えば、大容量のメインコンパートメントやたくさんのポケット、ストラップ、ベルトなどが付いていて、キャンプで必要な装備や食料を整理しやすくなっています。また、耐久性や防水性も重視されていることが多く、悪天候にも対応できるよう設計されています。キャンプリュックを選ぶ際には、自分の荷物や使い方に合った容量や機能を持つものを選ぶことが大切です。 ◆メリット キャンプリュックを使うメリットはたくさんあります。 まず、キャンプリュックは大きくて背負いやすく、荷物を効率的に収納できる点が挙げられます。 また、機能性が高く、たくさんのポケットやコンパートメントがあり、さらに耐久性や防水性に優れており、アウトドア環境下でも安心して使えます。 色々なデザインやブランドがあり、自分のスタイルや用途に合ったリュックを選ぶことができる点も魅力です。 キャンプリュックは、キャンプだけでなくハイキングや旅行などでも活躍し、快適なアウトドアライフをサポートしてくれます。キャンプリュックがあることで気軽にキャンプに出掛けられることは最大のメリットではないでしょうか。 キャンプリュック(バックパック)は何で選ぶ? 出典:@mapinman47 ここではキャンプリュックを選ぶ際のポイントを4つに分けて説明していきます。容量や機能性、背負い心地や素材など、キャンプへ行く際の荷物の量や収納のしやすさを考慮して選ぶことで、ご自分のスタイルに合ったキャンプリュックを、より効果的に活用できますよ。 ◆容量で選ぶ キャンプリュックの容量で選ぶ時の目安は、まず持ち物の量と種類を考慮します。1日分の装備や食料を運ぶだけなら30L前後が適していますが、キャンプ料理にこだわりたいキャンパーや、初心者キャンパーは余裕を持った容量を準備しておくと安心です。また、数日分や冬季用の装備を運ぶ場合は40リットル以上あった方が良いでしょう。キャンプ以外にもハイキングや旅行で使用する場合は、容量を多めにすると便利です。ただし、容量が大きくなればなるほど重くなるため、注意が必要です。寝具の要らないコテージなどに泊まる場合は30L以下でも良いでしょう。【目安】1泊:テント泊 30L前後がおすすめ2泊:テント泊 45L前後がおすすめ3泊:テント泊 60L前後がおすすめ大きめの容量になる場合は「アタックザック」も一緒に使うと良いですよ。※アタックザックとは、小容量のリュックサックのことで、使わないときはコンパクトに折りたたんで収納できるものが多く、サブバッグとして重宝します。貴重品だけ持ってテントを離れる際などに便利です。 ◆機能性で選ぶ キャンプリュックを機能性で選ぶ場合には、パッキングしやすいものを選ぶといいですよ。メインポケットが大きく開くタイプであれば、荷物の収納や取り出しも楽にできます。さらにポケットや仕切りが多く、使いやすい配置になっているかも大切です。荷物を整理しやすく、取り出しやすいデザインを選ぶと便利です。また、リュックの外側にベルトやストラップが付いているものであれば、キャンプギアを外側に吊して持ち運べるため、その分リュックの中に余裕ができますよ。テント泊をする場合、リュックの底へ終うことが多いので、リュックの下部が開閉できるものであれば、なお便利です。 ◆背負い心地で選ぶ 出典:@as2ov キャンプリュックを背負い心地で選ぶ場合には、重量分散や安定性、通気性なども重要です。リュックサックの背中には、背中との間にクッション材やメッシュ素材が使われていることで通気性を高め、背負ったときの快適さを向上させます。また、体にしっかりフィットするかどうかも重要なポイントです。リュックサックが体に密着していると、動きやすく、長時間の使用でも快適です。ショルダーベルトやウエストベルトが、しっかりとした太めのものを選ぶと、肩への負担が減ったり、安定感が増し背負いやすくなります。そして、背面長が調整できるものを選ぶことで、自分の体型や体格に合い、負担を減らすことができます。背負い心地を重視する際は、実際に背負ってみて、体に合うかどうかを確認することが大切です。※背面長とは、ショルダーベルトの付け根からウエストベルトまでの長さのこと。 ◆素材で選ぶ 出典:@kiriru_outdoor キャンプリュックを素材で選ぶ場合には、耐久性と防水性が重要です。一般的にはナイロンやポリエステルなどの合成素材が多く使われています。ナイロンは軽量でありながら強度が高く、耐久性に優れています。一方、ポリエステルは軽量で手軽な価格で手に入るため、汚れたら買い換えたい方や、ビギナーに使いやすいです。また、軍用リュックにも使用されている帆布は、高密度に織られた生地で、かなり丈夫な素材ですが、少し重いことがデメリットです。もう一つ重要なのが防水性です。防水コーティングが施されているか、または防水素材で作られているかを確認しましょう。また、生地の防水性や撥水加工がされているかも重要ですが、ファスナー部分が防水処理されているかどうかを確認することも大事です。リュックの生地に防水性があっても、ファスナー部分から水が染みてくる事があるため、止水ファスナーになっているものなどを選ぶと安心です。キャンプリュックを素材で選ぶ場合は、耐久性と防水性をバランス良く考慮し、自分の使用環境や目的に合ったリュックサックを選ぶことが大切です。 キャンプリュック(バックパック)の使い方 ここではキャンプリュックの使い方を「詰め方(パッキング)」「背負い方」「中身」の3つに分けてポイントを説明していきます。 ◆詰め方(パッキング) 出典:@teafree.c...

    【2024年版】これを見れば迷わない!キャンプで使えるキャンプリュック(バックパック)の選び方...

    キャンプリュックやバックパックは、キャンプ愛好家にとって欠かせないアイテムですよね。機能性や耐久性など、商品によってさまざまですが、キャンプリュックを選ぶ際には、人気のブランドや特徴的なデザインにも注目が集まります。 キャンプに必要な装備や食料を収納できる容量や、背負いやすさ、防水性など、自身のニーズに合った商品を選ぶことが大切です。価格帯も幅広く、初心者から上級者まで満足できる商品が幅広くあるので、この記事を読んでキャンプリュックを選ぶ参考にしてみてくださいね。 キャンプリュック(バックパック)の基本 出典:@painmomo リュックと言っても、通学や登山、マザーズなど使う方によって用途はさまざまです。この記事では、キャンプ用のリュックについてご説明していきますね。「キャンプリュック」というと、登山用リュックやハンティング用リュックの中からキャンプ用として使いやすいものを選ぶことが多く、徒歩キャンプやツーリングキャンプをされているキャンパーに必須と言っていいほど便利なアイテムです。 ◆キャンプリュック(バックパック)とは キャンプリュックもバックパックもザックも同じ「リュックサック」です。ただ、呼び方が違うだけでみなさんのイメージが変わりますよね。キャンプリュックと言えば、その名前からキャンプに使うリュックサック、バックパックであればバックパッカーが使うリュックサック、ザックと言えば登山家が使うリュックサックのイメージが強いと思います。ただ、一般的なリュックサックとは違い、アウトドア用のリュックサックには、特有の機能やデザインがあります。例えば、大容量のメインコンパートメントやたくさんのポケット、ストラップ、ベルトなどが付いていて、キャンプで必要な装備や食料を整理しやすくなっています。また、耐久性や防水性も重視されていることが多く、悪天候にも対応できるよう設計されています。キャンプリュックを選ぶ際には、自分の荷物や使い方に合った容量や機能を持つものを選ぶことが大切です。 ◆メリット キャンプリュックを使うメリットはたくさんあります。 まず、キャンプリュックは大きくて背負いやすく、荷物を効率的に収納できる点が挙げられます。 また、機能性が高く、たくさんのポケットやコンパートメントがあり、さらに耐久性や防水性に優れており、アウトドア環境下でも安心して使えます。 色々なデザインやブランドがあり、自分のスタイルや用途に合ったリュックを選ぶことができる点も魅力です。 キャンプリュックは、キャンプだけでなくハイキングや旅行などでも活躍し、快適なアウトドアライフをサポートしてくれます。キャンプリュックがあることで気軽にキャンプに出掛けられることは最大のメリットではないでしょうか。 キャンプリュック(バックパック)は何で選ぶ? 出典:@mapinman47 ここではキャンプリュックを選ぶ際のポイントを4つに分けて説明していきます。容量や機能性、背負い心地や素材など、キャンプへ行く際の荷物の量や収納のしやすさを考慮して選ぶことで、ご自分のスタイルに合ったキャンプリュックを、より効果的に活用できますよ。 ◆容量で選ぶ キャンプリュックの容量で選ぶ時の目安は、まず持ち物の量と種類を考慮します。1日分の装備や食料を運ぶだけなら30L前後が適していますが、キャンプ料理にこだわりたいキャンパーや、初心者キャンパーは余裕を持った容量を準備しておくと安心です。また、数日分や冬季用の装備を運ぶ場合は40リットル以上あった方が良いでしょう。キャンプ以外にもハイキングや旅行で使用する場合は、容量を多めにすると便利です。ただし、容量が大きくなればなるほど重くなるため、注意が必要です。寝具の要らないコテージなどに泊まる場合は30L以下でも良いでしょう。【目安】1泊:テント泊 30L前後がおすすめ2泊:テント泊 45L前後がおすすめ3泊:テント泊 60L前後がおすすめ大きめの容量になる場合は「アタックザック」も一緒に使うと良いですよ。※アタックザックとは、小容量のリュックサックのことで、使わないときはコンパクトに折りたたんで収納できるものが多く、サブバッグとして重宝します。貴重品だけ持ってテントを離れる際などに便利です。 ◆機能性で選ぶ キャンプリュックを機能性で選ぶ場合には、パッキングしやすいものを選ぶといいですよ。メインポケットが大きく開くタイプであれば、荷物の収納や取り出しも楽にできます。さらにポケットや仕切りが多く、使いやすい配置になっているかも大切です。荷物を整理しやすく、取り出しやすいデザインを選ぶと便利です。また、リュックの外側にベルトやストラップが付いているものであれば、キャンプギアを外側に吊して持ち運べるため、その分リュックの中に余裕ができますよ。テント泊をする場合、リュックの底へ終うことが多いので、リュックの下部が開閉できるものであれば、なお便利です。 ◆背負い心地で選ぶ 出典:@as2ov キャンプリュックを背負い心地で選ぶ場合には、重量分散や安定性、通気性なども重要です。リュックサックの背中には、背中との間にクッション材やメッシュ素材が使われていることで通気性を高め、背負ったときの快適さを向上させます。また、体にしっかりフィットするかどうかも重要なポイントです。リュックサックが体に密着していると、動きやすく、長時間の使用でも快適です。ショルダーベルトやウエストベルトが、しっかりとした太めのものを選ぶと、肩への負担が減ったり、安定感が増し背負いやすくなります。そして、背面長が調整できるものを選ぶことで、自分の体型や体格に合い、負担を減らすことができます。背負い心地を重視する際は、実際に背負ってみて、体に合うかどうかを確認することが大切です。※背面長とは、ショルダーベルトの付け根からウエストベルトまでの長さのこと。 ◆素材で選ぶ 出典:@kiriru_outdoor キャンプリュックを素材で選ぶ場合には、耐久性と防水性が重要です。一般的にはナイロンやポリエステルなどの合成素材が多く使われています。ナイロンは軽量でありながら強度が高く、耐久性に優れています。一方、ポリエステルは軽量で手軽な価格で手に入るため、汚れたら買い換えたい方や、ビギナーに使いやすいです。また、軍用リュックにも使用されている帆布は、高密度に織られた生地で、かなり丈夫な素材ですが、少し重いことがデメリットです。もう一つ重要なのが防水性です。防水コーティングが施されているか、または防水素材で作られているかを確認しましょう。また、生地の防水性や撥水加工がされているかも重要ですが、ファスナー部分が防水処理されているかどうかを確認することも大事です。リュックの生地に防水性があっても、ファスナー部分から水が染みてくる事があるため、止水ファスナーになっているものなどを選ぶと安心です。キャンプリュックを素材で選ぶ場合は、耐久性と防水性をバランス良く考慮し、自分の使用環境や目的に合ったリュックサックを選ぶことが大切です。 キャンプリュック(バックパック)の使い方 ここではキャンプリュックの使い方を「詰め方(パッキング)」「背負い方」「中身」の3つに分けてポイントを説明していきます。 ◆詰め方(パッキング) 出典:@teafree.c...

1 3
1 2