Journal

【2024年版】キャンプに便利♪おすすめのカトラリー

【2024年版】キャンプに便利♪おすすめのカトラリー

キャンプ用カトラリーは便利なだけでなく、割り箸だと味気なかったキャンプ料理を、色鮮やかに彩ってくれるギアの一つです。素材やデザインなど様々で、キャンプシーンに合せてカトラリーを変えるのも楽しいですよ。初めて選ぶキャンパーさんも、もう一つ欲しいと思っているキャンパーさんも、カトラリー選びの参考にしてみてくださいね。 2024/2/21 更新  キャンプ用カトラリーの魅力 出典:@nyanko1125  「キャンプ」と言えば、まずは”テント、タープ、テーブル、椅子・・・”など大物から揃える方が多いのではないかと思います。でも実はテーブルを彩る食器類もとても重要です。割り箸では少し物足りなく感じる食卓が、キャンプ用カトラリーを使うことによって、料理も一段と美味しくオシャレに見えます。食卓を飾るだけでなく、ゴミを減らすことが出来るほか、機能的で使いやすく、食べやすいのが魅力です。 キャンプ用カトラリーを使うメリット 本来カトラリーと言えば、ナイフのことを指しましたが、現代では洋食で使うスプーン・フォーク・ナイフの3点の総称のことをカトラリーと呼んでいます。またキャンプ用カトラリーでは、アウトドアで食事をする時に使うお箸など、食べるときに使う小物も含まれていることが多いです。 キャンプ用のカトラリーを使う最大のメリットは持ち運びに便利なことと耐久性です。折りたたみが出来たり、軽くて携帯にも便利になっている事が多いです。 キャンプ用カトラリーを選ぶポイント 出典:@hogehogehogehoge32 ではここからは、キャンプ用カトラリーを選ぶ際に注意したいポイントなどを見ていきましょう。素材も様々で、今お持ちのキャンプギアにピッタリのものを見つけるとキャンプでの食事もより一層楽しくなりますよ!! 人数で選ぶ  キャンプ用カトラリーを選ぶ際に、人数は重要で、「人数+1セット」で準備していくことをおすすめします。  ソロキャンプ   出典:@dokidoki_wakuwaku_camp  ソロキャンプでは1人分のカトラリーがセットになったものがおすすめです。コンパクトになるものが多く、メスティンの中に入るほどのサイズのものもあります。機能性、耐久性が高いものが多いため、自分だけのこだわったマイカトラリーを選んでみましょう。 デュオキャンプ  デュオキャンプではソロキャンプ用のカトラリーセットを2セット用意する方が多いのではないでしょうか。お友達とのデュオキャンプでは、それぞれ持ち寄ることも多いでしょう。販売している商品は少ないですが、同じカトラリーが2つずつ入ったセットもあります。こちらはご夫婦やパートナーとのデュオキャンプにピッタリです。 ファミリーキャンプ 出典:@peachlifestory  ファミリーキャンプではカトラリーセットを選ぶのがおすすめです。同じ種類のカトラリーで揃えると統一感も出て楽しめます。しかしカトラリーセットは4人用のものが多く、それ以上の人数で揃えるのであれば、ソロキャンプやデュオキャンプ用のカトラリーで人数分揃えて統一感を出すという方法もあります。 素材で選ぶ  次はカトラリーを素材別で選ぶ際の注意点やポイントに焦点を当てて見ていきましょう。素材が変わるだけで食卓の見え方がガラッと変わりますよ。お持ちのお皿などにあわせてコーディネートしてみてくださいね。 金属製 出典:@swag_gear_kobe  金属製のキャンプ用カトラリーと言えば「ステンレス・チタン・アルミ」の3種類が主な素材となります。他の素材に比べて長期的に使用することができます。【ステンレス】ステンレスは価格もお手頃で、ご自宅で使われている方が多いのではないでしょうか。錆びにくく耐久性も高いので、一度購入すると長く使うことができるのが特徴です。しかし、熱いものに使う場合はチタンよりも熱伝導率が少し上がるため、子どもなどは注意してあげた方が良いでしょう。【チタン】チタンは錆びにくく、熱に強い特徴があります。その上軽量で耐久性があるため持ち運びも安心できます。熱を伝えにくく、熱いものを食べるときに重宝します。【アルミ】アルミは軽く、とても柔らかい性質を持っています。しかし他の金属を加えることにより、強度があるアルミ製品ができあがります。錆びにくく、熱を伝えやすい特徴があるため、カトラリーから体温も伝わりやすいです。そのためよく冷えたアイスクリームを食べるときや、バターを塗るときなどに便利ですよ。 樹脂製 出典:@haru_no_ie...

【2024年版】キャンプに便利♪おすすめのカトラリー

キャンプ用カトラリーは便利なだけでなく、割り箸だと味気なかったキャンプ料理を、色鮮やかに彩ってくれるギアの一つです。素材やデザインなど様々で、キャンプシーンに合せてカトラリーを変えるのも楽しいですよ。初めて選ぶキャンパーさんも、もう一つ欲しいと思っているキャンパーさんも、カトラリー選びの参考にしてみてくださいね。 2024/2/21 更新  キャンプ用カトラリーの魅力 出典:@nyanko1125  「キャンプ」と言えば、まずは”テント、タープ、テーブル、椅子・・・”など大物から揃える方が多いのではないかと思います。でも実はテーブルを彩る食器類もとても重要です。割り箸では少し物足りなく感じる食卓が、キャンプ用カトラリーを使うことによって、料理も一段と美味しくオシャレに見えます。食卓を飾るだけでなく、ゴミを減らすことが出来るほか、機能的で使いやすく、食べやすいのが魅力です。 キャンプ用カトラリーを使うメリット 本来カトラリーと言えば、ナイフのことを指しましたが、現代では洋食で使うスプーン・フォーク・ナイフの3点の総称のことをカトラリーと呼んでいます。またキャンプ用カトラリーでは、アウトドアで食事をする時に使うお箸など、食べるときに使う小物も含まれていることが多いです。 キャンプ用のカトラリーを使う最大のメリットは持ち運びに便利なことと耐久性です。折りたたみが出来たり、軽くて携帯にも便利になっている事が多いです。 キャンプ用カトラリーを選ぶポイント 出典:@hogehogehogehoge32 ではここからは、キャンプ用カトラリーを選ぶ際に注意したいポイントなどを見ていきましょう。素材も様々で、今お持ちのキャンプギアにピッタリのものを見つけるとキャンプでの食事もより一層楽しくなりますよ!! 人数で選ぶ  キャンプ用カトラリーを選ぶ際に、人数は重要で、「人数+1セット」で準備していくことをおすすめします。  ソロキャンプ   出典:@dokidoki_wakuwaku_camp  ソロキャンプでは1人分のカトラリーがセットになったものがおすすめです。コンパクトになるものが多く、メスティンの中に入るほどのサイズのものもあります。機能性、耐久性が高いものが多いため、自分だけのこだわったマイカトラリーを選んでみましょう。 デュオキャンプ  デュオキャンプではソロキャンプ用のカトラリーセットを2セット用意する方が多いのではないでしょうか。お友達とのデュオキャンプでは、それぞれ持ち寄ることも多いでしょう。販売している商品は少ないですが、同じカトラリーが2つずつ入ったセットもあります。こちらはご夫婦やパートナーとのデュオキャンプにピッタリです。 ファミリーキャンプ 出典:@peachlifestory  ファミリーキャンプではカトラリーセットを選ぶのがおすすめです。同じ種類のカトラリーで揃えると統一感も出て楽しめます。しかしカトラリーセットは4人用のものが多く、それ以上の人数で揃えるのであれば、ソロキャンプやデュオキャンプ用のカトラリーで人数分揃えて統一感を出すという方法もあります。 素材で選ぶ  次はカトラリーを素材別で選ぶ際の注意点やポイントに焦点を当てて見ていきましょう。素材が変わるだけで食卓の見え方がガラッと変わりますよ。お持ちのお皿などにあわせてコーディネートしてみてくださいね。 金属製 出典:@swag_gear_kobe  金属製のキャンプ用カトラリーと言えば「ステンレス・チタン・アルミ」の3種類が主な素材となります。他の素材に比べて長期的に使用することができます。【ステンレス】ステンレスは価格もお手頃で、ご自宅で使われている方が多いのではないでしょうか。錆びにくく耐久性も高いので、一度購入すると長く使うことができるのが特徴です。しかし、熱いものに使う場合はチタンよりも熱伝導率が少し上がるため、子どもなどは注意してあげた方が良いでしょう。【チタン】チタンは錆びにくく、熱に強い特徴があります。その上軽量で耐久性があるため持ち運びも安心できます。熱を伝えにくく、熱いものを食べるときに重宝します。【アルミ】アルミは軽く、とても柔らかい性質を持っています。しかし他の金属を加えることにより、強度があるアルミ製品ができあがります。錆びにくく、熱を伝えやすい特徴があるため、カトラリーから体温も伝わりやすいです。そのためよく冷えたアイスクリームを食べるときや、バターを塗るときなどに便利ですよ。 樹脂製 出典:@haru_no_ie...

【2024年版】キャンプ・アウトドアに!!オススメのまな板(カッティングボード)

【2024年版】キャンプ・アウトドアに!!オススメのまな板(カッティングボード)

キャンプ料理をする上で必要な道具の一つである、まな板(カッティングボード)。 しかし、いざまな板を探してみると素材や形状などいろいろなものがあって、どれが自分に合っているのか迷ったことはありませんか? オシャレな器として、機能性や大きさ、収納性など様々な角度からまな板について見ていきましょう。  2024/2/21 更新  キャンプ用まな板を使うメリット キャンプ用のまな板を使うメリットは、自宅で料理するのとは違い、平らな場所で食材を切れるとは限りません。そんなときに安定して食材をカットするのに便利です。また、今やまな板は”食材を切る”と言う機能だけでなく、そのままお皿として使ったり、コンパクトに収納できて持ち運びに便利だったり、他のキャンプギアもセットになっていたりと、キャンプで使いやすい仕様になっているものが多いんですよ。 特徴ごとに、キャンプ用まな板の上手な選び方を考えてみよう ひとことにまな板と言っても、大きさや重さ、収納のしやすさなど、ただ食材を切るだけに使うにはもったいないほどオシャレなものなどなど様々です。それぞれに特徴があるので、ここからは、その特徴に分けて見ていきましょう。 大きさ・コンパクトさで選ぶ キャンプ用のまな板は、大きいよりは小さい方が持ち運びに便利です。だからと言って小さすぎると食材が切りにくいと言うことがあるので、食材の用途に合わせて選びましょう。今はコンパクトに折りたためるものなどもあるので、持ち運びや、自宅で収納するときのことを考えて選ぶのも良いでしょう。 重さで選ぶ キャンプ用まな板は木製や樹脂製のものがほとんどです。やはり木製は分厚く重いものが多くなります。それに対して樹脂製のものの方が薄くて軽いです。ただ、木製の方が見た目にはオシャレで、樹脂製のものは少し味気なく感じるかもしれません。 形状で選ぶ 形状としては、丸いもの、長方形や正方形のもの、取っ手の付いたもの、折りたたみの出来るものなど、色々なものがあります。角を丸くしているものは見た目も可愛く、収納時に他のキャンプギアを傷つける心配もありません。リバーシブルに使えるものはお肉やお魚、野菜など分けてカットできるので便利で、まな板の外周に溝があるものは、そのまま食材を盛り付けたときにソースなどが垂れにくい特徴があります。長さのあるまな板は魚などの調理に便利で、折りたたみが出来るものは持ち運びに便利ですね。 お皿としても使えるものを選ぶ 出典:@chie625chie 木製のまな板は、そのままお皿として使っても見た目にもオシャレで、キャンプの雰囲気にもピッタリです。まな板によっては外周に溝が施されたものもあり、肉汁やドレッシングなどがこぼれにくいものもあるので、お皿としても使うことが多いのであれば一つ持っておいても良いでしょう。 まな板とセットで選ぶ 出典:@campmarket2015 まな板のセットとしては、包丁とセットになっているものがほとんどです。 二つ折りになるまな板の内部に収納部分があり、包丁が飛び出さず持ち運びも安全なタイプ。まな板、ナイフ、キッチンクロスなどがセットになっており、キッチンクロスが収納袋になるタイプなどが代表的です。自分のキャンプスタイルに合わせて選ぶことが重要です。 まな板を素材別に見てみよう ではここからは、まな板を素材ごとに分けて見ていきましょう。 素材によってお手入れの仕方も変わってきます。熱に強いまな板は鍋敷きとしても使えたり、料理をそのまま盛り付けたり、持ち運びに便利だったりといろいろな特徴があるので、ご自身のキャンプ料理に合うものを選びましょう。 木製 調理のしやすさ、オシャレさが抜群です。食材が滑りにくく安定してカットできるのが特徴で、包丁の刃への負担が少ないです。 キャンプ料理をする際には常に平らな場所で料理できるとは限りません。そんな時にはまな板が曲がったりせず、安定して食材をカットできる木製が重宝します。木製のまな板にも種類があるので、代表的なものを分けて説明していきますね。 ・オリーブ材 出典:@tomotomo555tomotomo...

【2024年版】キャンプ・アウトドアに!!オススメのまな板(カッティングボード)

キャンプ料理をする上で必要な道具の一つである、まな板(カッティングボード)。 しかし、いざまな板を探してみると素材や形状などいろいろなものがあって、どれが自分に合っているのか迷ったことはありませんか? オシャレな器として、機能性や大きさ、収納性など様々な角度からまな板について見ていきましょう。  2024/2/21 更新  キャンプ用まな板を使うメリット キャンプ用のまな板を使うメリットは、自宅で料理するのとは違い、平らな場所で食材を切れるとは限りません。そんなときに安定して食材をカットするのに便利です。また、今やまな板は”食材を切る”と言う機能だけでなく、そのままお皿として使ったり、コンパクトに収納できて持ち運びに便利だったり、他のキャンプギアもセットになっていたりと、キャンプで使いやすい仕様になっているものが多いんですよ。 特徴ごとに、キャンプ用まな板の上手な選び方を考えてみよう ひとことにまな板と言っても、大きさや重さ、収納のしやすさなど、ただ食材を切るだけに使うにはもったいないほどオシャレなものなどなど様々です。それぞれに特徴があるので、ここからは、その特徴に分けて見ていきましょう。 大きさ・コンパクトさで選ぶ キャンプ用のまな板は、大きいよりは小さい方が持ち運びに便利です。だからと言って小さすぎると食材が切りにくいと言うことがあるので、食材の用途に合わせて選びましょう。今はコンパクトに折りたためるものなどもあるので、持ち運びや、自宅で収納するときのことを考えて選ぶのも良いでしょう。 重さで選ぶ キャンプ用まな板は木製や樹脂製のものがほとんどです。やはり木製は分厚く重いものが多くなります。それに対して樹脂製のものの方が薄くて軽いです。ただ、木製の方が見た目にはオシャレで、樹脂製のものは少し味気なく感じるかもしれません。 形状で選ぶ 形状としては、丸いもの、長方形や正方形のもの、取っ手の付いたもの、折りたたみの出来るものなど、色々なものがあります。角を丸くしているものは見た目も可愛く、収納時に他のキャンプギアを傷つける心配もありません。リバーシブルに使えるものはお肉やお魚、野菜など分けてカットできるので便利で、まな板の外周に溝があるものは、そのまま食材を盛り付けたときにソースなどが垂れにくい特徴があります。長さのあるまな板は魚などの調理に便利で、折りたたみが出来るものは持ち運びに便利ですね。 お皿としても使えるものを選ぶ 出典:@chie625chie 木製のまな板は、そのままお皿として使っても見た目にもオシャレで、キャンプの雰囲気にもピッタリです。まな板によっては外周に溝が施されたものもあり、肉汁やドレッシングなどがこぼれにくいものもあるので、お皿としても使うことが多いのであれば一つ持っておいても良いでしょう。 まな板とセットで選ぶ 出典:@campmarket2015 まな板のセットとしては、包丁とセットになっているものがほとんどです。 二つ折りになるまな板の内部に収納部分があり、包丁が飛び出さず持ち運びも安全なタイプ。まな板、ナイフ、キッチンクロスなどがセットになっており、キッチンクロスが収納袋になるタイプなどが代表的です。自分のキャンプスタイルに合わせて選ぶことが重要です。 まな板を素材別に見てみよう ではここからは、まな板を素材ごとに分けて見ていきましょう。 素材によってお手入れの仕方も変わってきます。熱に強いまな板は鍋敷きとしても使えたり、料理をそのまま盛り付けたり、持ち運びに便利だったりといろいろな特徴があるので、ご自身のキャンプ料理に合うものを選びましょう。 木製 調理のしやすさ、オシャレさが抜群です。食材が滑りにくく安定してカットできるのが特徴で、包丁の刃への負担が少ないです。 キャンプ料理をする際には常に平らな場所で料理できるとは限りません。そんな時にはまな板が曲がったりせず、安定して食材をカットできる木製が重宝します。木製のまな板にも種類があるので、代表的なものを分けて説明していきますね。 ・オリーブ材 出典:@tomotomo555tomotomo...

【2024年版】キャンプ料理の便利道具!おすすめバーベキュートング!

【2024年版】キャンプ料理の便利道具!おすすめバーベキュートング!

アウトドアシーンでトングが活躍する場面はたくさんあります。ひとことにトングと言っても炭用やお肉用、魚用や野菜用など、それぞれの使用シーンにあったトングがあり、奥が深いんです。「種類が多すぎて、どのトングを選べばいいのか分からない」なんて方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、初心者の方にも分かりやすいように、トングの基本的な役割や種類、選び方について解説していきます。ぜひこの記事を参考にして、理想のトングを手に入れましょう! 2024/2/21 更新 キャンプ用トングとは? トングはアウトドアギアの中では脇役かもしれません。 でも無いと困るアウトドア料理には欠かせない調理道具です。 トングは菜箸とは違い、食材をしっかりとつかみ、熱い物や滑りやすいものも扱いやすくなります。 高温にも耐えられる金属製のトング、食材を傷つけず、柔軟性のあるシリコン製のトングなど、素材も様々です。 また長さやグリップの持ちやすさなども、それぞれに特徴があります。自分の好みやニーズに合わせて、トングを選ぶことでアウトドア料理もいちだんと楽しくなりますよ。 トングの種類 出典:@yandm.camp トングには、大きく分けて調理用トングと炭用トングの2つの主な種類があります。 調理用トングは、食材を掴んだり、裏返したり、取り分けなどの調理作業に適しています。ほとんどのトングは高温にも強い素材で、 様々なサイズや形状があり、肉や魚、野菜などの調理に適したバリエーションがあります。一方、炭用トングは炭や薪を待つために特化しています。 耐熱性と耐久性が求められ、炭をつかんで移動したり、炭の整理などに適した設計となっています。 炭用トングはしっかりとしたグリップや長いハンドルが特徴で、熱い炭を安全に扱うことができます。 調理用トングと炭用トングはそれぞれ異なる目的に合わせた機能と特徴を持っています。 ではここで調理用、炭用の2種類についてトングを分けて見ていきましょう。 調理用 調理用トングも種類があるので、扱う素材によって分けてご紹介していきます。 ・肉用 出典:@enjoy_nature_official まずトングを使う食材で、一番多いのはお肉ではないでしょうか。 お肉用のバーベキュートングは金属製が主流で、長めのハンドルとしっかりとしたグリップが特徴です。また、高温の火の上で使うことが多く、耐熱性も必要になってきます。 スライスしたお肉を扱う場合、トングの先端が細いものを使うと、ひっくり返したり、移動させたりと、細かい作業がしやすいです。 また、大きなお肉や厚さのあるステーキなどは、ワイドなトングを選ぶといいでしょう。 ・魚用 出典:@flickcart_jp  菜箸で焼き魚をつかむと崩れやすく、ひっくり返すのも一苦労ですよね。お魚用のトングは幅が広く、手の指を組む様な形や、フライ返しを重ねたような形で、お魚をしっかりつかめる形状のトングが便利です。選ぶ際には、使いやすさ、耐久性、メンテナンスのしやすさを考慮し、自分の調理スタイルや好みに合ったお魚用トングを選びましょう。...

【2024年版】キャンプ料理の便利道具!おすすめバーベキュートング!

アウトドアシーンでトングが活躍する場面はたくさんあります。ひとことにトングと言っても炭用やお肉用、魚用や野菜用など、それぞれの使用シーンにあったトングがあり、奥が深いんです。「種類が多すぎて、どのトングを選べばいいのか分からない」なんて方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、初心者の方にも分かりやすいように、トングの基本的な役割や種類、選び方について解説していきます。ぜひこの記事を参考にして、理想のトングを手に入れましょう! 2024/2/21 更新 キャンプ用トングとは? トングはアウトドアギアの中では脇役かもしれません。 でも無いと困るアウトドア料理には欠かせない調理道具です。 トングは菜箸とは違い、食材をしっかりとつかみ、熱い物や滑りやすいものも扱いやすくなります。 高温にも耐えられる金属製のトング、食材を傷つけず、柔軟性のあるシリコン製のトングなど、素材も様々です。 また長さやグリップの持ちやすさなども、それぞれに特徴があります。自分の好みやニーズに合わせて、トングを選ぶことでアウトドア料理もいちだんと楽しくなりますよ。 トングの種類 出典:@yandm.camp トングには、大きく分けて調理用トングと炭用トングの2つの主な種類があります。 調理用トングは、食材を掴んだり、裏返したり、取り分けなどの調理作業に適しています。ほとんどのトングは高温にも強い素材で、 様々なサイズや形状があり、肉や魚、野菜などの調理に適したバリエーションがあります。一方、炭用トングは炭や薪を待つために特化しています。 耐熱性と耐久性が求められ、炭をつかんで移動したり、炭の整理などに適した設計となっています。 炭用トングはしっかりとしたグリップや長いハンドルが特徴で、熱い炭を安全に扱うことができます。 調理用トングと炭用トングはそれぞれ異なる目的に合わせた機能と特徴を持っています。 ではここで調理用、炭用の2種類についてトングを分けて見ていきましょう。 調理用 調理用トングも種類があるので、扱う素材によって分けてご紹介していきます。 ・肉用 出典:@enjoy_nature_official まずトングを使う食材で、一番多いのはお肉ではないでしょうか。 お肉用のバーベキュートングは金属製が主流で、長めのハンドルとしっかりとしたグリップが特徴です。また、高温の火の上で使うことが多く、耐熱性も必要になってきます。 スライスしたお肉を扱う場合、トングの先端が細いものを使うと、ひっくり返したり、移動させたりと、細かい作業がしやすいです。 また、大きなお肉や厚さのあるステーキなどは、ワイドなトングを選ぶといいでしょう。 ・魚用 出典:@flickcart_jp  菜箸で焼き魚をつかむと崩れやすく、ひっくり返すのも一苦労ですよね。お魚用のトングは幅が広く、手の指を組む様な形や、フライ返しを重ねたような形で、お魚をしっかりつかめる形状のトングが便利です。選ぶ際には、使いやすさ、耐久性、メンテナンスのしやすさを考慮し、自分の調理スタイルや好みに合ったお魚用トングを選びましょう。...

【2024年版】キャンプにおすすめ!自分に合った鉄板(グリルプレート)選びのコツ

【2024年版】キャンプにおすすめ!自分に合った鉄板(グリルプレート)選びのコツ

ひとことに鉄板と言っても、種類がたくさんあり、どれを買ったらいいのか分からない!なんてことがあるのではないでしょうか。キャンプでの食事を、より楽しむために鉄板(グリルプレート)は、おすすめの必須アイテムです。 鉄板の上で食材を焼き、自然の中で贅沢な味わいを楽しんでみませんか?肉や野菜の香りはキャンプの醍醐味です。快適なアウトドアライフを、美味しい料理で時間をかけて楽しみましょう!! 2024/2/21 更新 キャンプに鉄板が必要なワケ キャンプで鉄板を使用するメリットはいくつかあります。 まず食材を均等に加熱することができるので、食材が焦げ付かずに美味しく仕上がります。 また鉄板は、なかなか冷めない性質があり、料理の保温にも役立ちます。 さらに、鉄板の上で調理することで、独特の香ばしさと香りを楽しむことができるのです。鉄板を使えば、炭火の上で本格的な料理を楽しむことができ、アウトドアがさらに充実します。 選び方のポイント 出典:@mitsu_isao  ここからは、自分に合った鉄板選びのコツについて解説します。これから鉄板の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。 サイズで選ぶ 出典:@nekolife_haruna 鉄板の適切なサイズを選ぶためには、いくつかのポイントを押さえておきましょう。まず、お持ちのグリルやバーベキューコンロのサイズが、鉄板のサイズに合わないと使いづらくなります。次に大人数やたくさんの食材を調理する場合、料理の量や種類で大きさを選びましょう。また、収納や持ち運びの便利さも重要で、鉄板が収納スペースに入るかどうか、持ち運びやすいかどうかを確認しましょう。自分に合ったサイズの鉄板を選ぶことが大切です。特に、鉄板がガス缶に触れてしまうと、鉄板の熱で大爆発などの事故に繋がることもあるのでサイズ確認は必ずしましょう。 形状で選ぶ 出典:@ark__channel  鉄板を形状で選ぶときのコツは、使い方や調理の目的によって変わります。まずは、平らな表面のグリルプレートは、肉や魚、野菜などを焼くのに適しています。一方、溝のあるリブ型の鉄板は、お肉などに焼き目をつけたり、余分な脂を落としたりするのに最適です。また、網目の細かいワイヤープレートは、小さな食材や繊細なものを調理するのにぴったりで、深めの鉄板やスキレット型の鉄板は、煮込み料理やソースを使った料理するのに便利です。 厚さで選ぶ 出典:@zeoor_official  鉄板を厚さを選ぶときのポイントは、主に熱の伝わりやすさと耐久性です。 厚いプレートは熱を均等に伝え、食材に綺麗な焼き目を付けられます。また、熱の保温力も高く、長時間の調理に適しています。さらに耐久性があり、歪みや変形を防ぐことができます。しかし重さも増えるため、取り扱いや持ち運びに注意が必要です。 一方、薄いプレートはすぐに熱せられ、短時間で調理が完了しますが、熱のムラが出やすい傾向があります。調理する食材や使用頻度に合わせて選びましょう。 素材で選ぶ 出典:@things_by_j  鉄や鋳鉄の鉄板は熱を均等に伝え、食材に綺麗な焼き目をつけることができます。また、鉄は耐久性が抜群です。ステンレスの鉄板は錆びにくく、清潔で選びやすいですが、熱の伝わりやすさが鉄に比べやや劣ります。ノンスティックコーティングが施された鉄板は食材がつきにくく、洗い物も楽ですが、コーティングが傷つくと効果が低下する可能性があるので、 鉄板を素材で選ぶ場合は、調理する食材や好みによって異なるので、自分に合った素材を選びましょう。 付属品で選ぶ 付属品については、後で買い足すことも可能ですが、その鉄板に合ったものをしっかりチェックしておくと、より便利に使えます。特にハンドル(鉄板つかみ)が付属しているものは、鉄板の移動も安全にできます。他には蓋や、焦げを落とすヘラ、収納ケースなどの便利な付属品がついている物もあります。 お手入れ方法(シーズニング)...

【2024年版】キャンプにおすすめ!自分に合った鉄板(グリルプレート)選びのコツ

ひとことに鉄板と言っても、種類がたくさんあり、どれを買ったらいいのか分からない!なんてことがあるのではないでしょうか。キャンプでの食事を、より楽しむために鉄板(グリルプレート)は、おすすめの必須アイテムです。 鉄板の上で食材を焼き、自然の中で贅沢な味わいを楽しんでみませんか?肉や野菜の香りはキャンプの醍醐味です。快適なアウトドアライフを、美味しい料理で時間をかけて楽しみましょう!! 2024/2/21 更新 キャンプに鉄板が必要なワケ キャンプで鉄板を使用するメリットはいくつかあります。 まず食材を均等に加熱することができるので、食材が焦げ付かずに美味しく仕上がります。 また鉄板は、なかなか冷めない性質があり、料理の保温にも役立ちます。 さらに、鉄板の上で調理することで、独特の香ばしさと香りを楽しむことができるのです。鉄板を使えば、炭火の上で本格的な料理を楽しむことができ、アウトドアがさらに充実します。 選び方のポイント 出典:@mitsu_isao  ここからは、自分に合った鉄板選びのコツについて解説します。これから鉄板の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。 サイズで選ぶ 出典:@nekolife_haruna 鉄板の適切なサイズを選ぶためには、いくつかのポイントを押さえておきましょう。まず、お持ちのグリルやバーベキューコンロのサイズが、鉄板のサイズに合わないと使いづらくなります。次に大人数やたくさんの食材を調理する場合、料理の量や種類で大きさを選びましょう。また、収納や持ち運びの便利さも重要で、鉄板が収納スペースに入るかどうか、持ち運びやすいかどうかを確認しましょう。自分に合ったサイズの鉄板を選ぶことが大切です。特に、鉄板がガス缶に触れてしまうと、鉄板の熱で大爆発などの事故に繋がることもあるのでサイズ確認は必ずしましょう。 形状で選ぶ 出典:@ark__channel  鉄板を形状で選ぶときのコツは、使い方や調理の目的によって変わります。まずは、平らな表面のグリルプレートは、肉や魚、野菜などを焼くのに適しています。一方、溝のあるリブ型の鉄板は、お肉などに焼き目をつけたり、余分な脂を落としたりするのに最適です。また、網目の細かいワイヤープレートは、小さな食材や繊細なものを調理するのにぴったりで、深めの鉄板やスキレット型の鉄板は、煮込み料理やソースを使った料理するのに便利です。 厚さで選ぶ 出典:@zeoor_official  鉄板を厚さを選ぶときのポイントは、主に熱の伝わりやすさと耐久性です。 厚いプレートは熱を均等に伝え、食材に綺麗な焼き目を付けられます。また、熱の保温力も高く、長時間の調理に適しています。さらに耐久性があり、歪みや変形を防ぐことができます。しかし重さも増えるため、取り扱いや持ち運びに注意が必要です。 一方、薄いプレートはすぐに熱せられ、短時間で調理が完了しますが、熱のムラが出やすい傾向があります。調理する食材や使用頻度に合わせて選びましょう。 素材で選ぶ 出典:@things_by_j  鉄や鋳鉄の鉄板は熱を均等に伝え、食材に綺麗な焼き目をつけることができます。また、鉄は耐久性が抜群です。ステンレスの鉄板は錆びにくく、清潔で選びやすいですが、熱の伝わりやすさが鉄に比べやや劣ります。ノンスティックコーティングが施された鉄板は食材がつきにくく、洗い物も楽ですが、コーティングが傷つくと効果が低下する可能性があるので、 鉄板を素材で選ぶ場合は、調理する食材や好みによって異なるので、自分に合った素材を選びましょう。 付属品で選ぶ 付属品については、後で買い足すことも可能ですが、その鉄板に合ったものをしっかりチェックしておくと、より便利に使えます。特にハンドル(鉄板つかみ)が付属しているものは、鉄板の移動も安全にできます。他には蓋や、焦げを落とすヘラ、収納ケースなどの便利な付属品がついている物もあります。 お手入れ方法(シーズニング)...

【2024年版】キャンプにおすすめの焚き火台

【2024年版】キャンプにおすすめの焚き火台

キャンプの最大の楽しみは何と言っても焚き火!その焚き火をするためのマストアイテムが焚き火台です。しかし発売されている焚き火台は種類も多く、購入する際に迷う方が多いのではないでしょうか。そこで今回は選び方のポイントやおすすめの人気ブランドなどを詳しく紹介します。 2024/2/21 更新 焚き火台はなぜ必要なの? キャンプでなぜ焚き火台が必要なのか、その理由やメリットに迫ってみましょう。 初心者でも簡単 焚き火台は直火に比べ空気が入りやすく、燃焼効率をアップさせる構造になっているので、特にキャンプに不慣れな初心者でも、簡単に火を起こせるのが最大のメリットです。手間や面倒が軽減されるので、初めてでもストレスなく思いっきりキャンプの醍醐味(焚き火)が楽しめます。もちろんベテランのキャンパーでも焚き火台は欠かせないアイテムです。 焚き火する場所を選べる 焚き火台があれば、自分の好きな場所を選んで焚き火をすることが可能です。またシチュエーションに合わせて移動も簡単にできます。例えば火おこしの途中で風向きが変わり、煙や火の粉がテントを直撃しそうなとき、雰囲気のある場所で焚き火をするため、移動したいときなどに対応できるので非常に便利です。直火ではこうはいきませんよね。 自然保護の観点 焚き火台が必要とされる大きな理由の一つが自然保護の観点です。最近のキャンプ場は直火禁止になっているところが多く、それは地面に生えている芝生や草を焼いてしまったり、地中のバクテリアを殺してしまい、生態系に影響を与えてしまうからです。焚き火台を使えば直接地面に熱が伝わることがないので、自然保護に貢献しながら安心してキャンプを楽しめるのです。 火の不始末を防げる 山火事の原因で最も多いのが焚き火の火の不始末です。特に秋など枯葉が多く空気が乾燥する季節には、火災の危険が高まります。焚き火台を使用すれば、落ちている枯葉などに火種が燃え移るリスクが少なくなり、火の不始末による火災を防ぐことができます。安心して焚き火を楽しむために必要不可欠のアイテムが焚き火台と言えるのです。 焚き火台の選び方のポイント 焚き火台は単に焚き火をするだけでなく、キャンプ飯を作ったり網を使えばBBQグリルとしても活躍する優れたアイテムです。ここではその選び方のポイントを解説しましょう。 用途で選ぶ  キャンプの形態や参加人数、キャンプで何をしたいのかなどの用途により、焚き火台を選ぶピントが異なってきます。 ソロキャンプ ソロキャンプや登山では、軽量かつコンパクトな焚き火台を選ぶのが基本です。運搬から設営・撤収まで全てを一人で行うので、荷物は極力減らすのがマストになります。大量の調理をする必要がないので使用時の焚き火台のサイズもコンパクトで、収納時も他の荷物と一緒にザックに入れたり、吊り下げて持ち歩けるのがベストです。設営や後片付けの簡便さも考慮しましょう。 デュオキャンプ カップルや友人同士2人で行うキャンプなので、二人で楽しめる焚き火台が必要になります。焚き火の炎を楽しむだけならソロ用でも構いませんが、二人で調理を楽しむためには多少大きめのサイズ(幅30cm〜40cm)が欲しくなります。バーベキューを楽しむなら焼き網付きを選ぶのもおすすめです。 ファミリーキャンプ ファミリーや多人数のグループの場合は、幅(または直径)が40cm以上ある焚き火台がおすすめです。40cm以下だと互いの距離が近すぎて窮屈になってしまいます。また形状は座った位置に不公平感が出ないように、円形または六角形など多角形の焚き火台を選びましょう。四角形の焚き火台は3〜4人ならOKですが5人以上になると角に当たる人が出てしまいます。  素材で選ぶ 焚き火台の素材はアルミや鉄・ステンレスが主流です。アルミ製は軽量で安価ですが耐久性に劣ります。頑丈なのは鉄やステンレス製ですが重量が重くなり、鉄製はサビが出やすいのでステンレス製が好まれています。しかし鉄製には重量感がありマニアには人気があるようです。値段は少々高価になりますが、軽量と耐久性を兼ね備えた最強の素材がチタン製と言われています。  価格で選ぶ 正直言って価格で選ぶことはおすすめできません。初めて焚き火台を購入するので最初は安いものと考えがちですが、粗悪品に当たってしまう可能性があり、結局は高い買い物になってしまいます。それでは高価なものを最初に購入すれば安心と言う方もいると思いますが、それも間違いです。ブランドや機能により価格はまちまちなので、高価でも使用目的に合わなければ意味がないのです。まず、自分がどんなスタイルのキャンプをしたいのか、その目的に合う焚き火台を検討することからはじめてみましょう。 デザインで選ぶ 焚き火台を選ぶ際にデザインは非常に重要です。「用途で選ぶ」で紹介したように、ソロキャンプなら携帯しやすい折りたたみ式や軽量タイプ、ファミリーキャンプなら大人数で周りを囲めるデザインとサイズが求められます。また、焚き火台の深さにも注目しましょう。浅いタイプは火加減の調節がしやすく構造がシンプルなので設営・撤収が簡単なのが特徴です。深型は薪がたくさん入り、大火力が得られ安定感がありますが、薪をくべにくく火力の調節にやや手間がかかります。用途に合わせて選んでください。 人気ブランドは?...

【2024年版】キャンプにおすすめの焚き火台

キャンプの最大の楽しみは何と言っても焚き火!その焚き火をするためのマストアイテムが焚き火台です。しかし発売されている焚き火台は種類も多く、購入する際に迷う方が多いのではないでしょうか。そこで今回は選び方のポイントやおすすめの人気ブランドなどを詳しく紹介します。 2024/2/21 更新 焚き火台はなぜ必要なの? キャンプでなぜ焚き火台が必要なのか、その理由やメリットに迫ってみましょう。 初心者でも簡単 焚き火台は直火に比べ空気が入りやすく、燃焼効率をアップさせる構造になっているので、特にキャンプに不慣れな初心者でも、簡単に火を起こせるのが最大のメリットです。手間や面倒が軽減されるので、初めてでもストレスなく思いっきりキャンプの醍醐味(焚き火)が楽しめます。もちろんベテランのキャンパーでも焚き火台は欠かせないアイテムです。 焚き火する場所を選べる 焚き火台があれば、自分の好きな場所を選んで焚き火をすることが可能です。またシチュエーションに合わせて移動も簡単にできます。例えば火おこしの途中で風向きが変わり、煙や火の粉がテントを直撃しそうなとき、雰囲気のある場所で焚き火をするため、移動したいときなどに対応できるので非常に便利です。直火ではこうはいきませんよね。 自然保護の観点 焚き火台が必要とされる大きな理由の一つが自然保護の観点です。最近のキャンプ場は直火禁止になっているところが多く、それは地面に生えている芝生や草を焼いてしまったり、地中のバクテリアを殺してしまい、生態系に影響を与えてしまうからです。焚き火台を使えば直接地面に熱が伝わることがないので、自然保護に貢献しながら安心してキャンプを楽しめるのです。 火の不始末を防げる 山火事の原因で最も多いのが焚き火の火の不始末です。特に秋など枯葉が多く空気が乾燥する季節には、火災の危険が高まります。焚き火台を使用すれば、落ちている枯葉などに火種が燃え移るリスクが少なくなり、火の不始末による火災を防ぐことができます。安心して焚き火を楽しむために必要不可欠のアイテムが焚き火台と言えるのです。 焚き火台の選び方のポイント 焚き火台は単に焚き火をするだけでなく、キャンプ飯を作ったり網を使えばBBQグリルとしても活躍する優れたアイテムです。ここではその選び方のポイントを解説しましょう。 用途で選ぶ  キャンプの形態や参加人数、キャンプで何をしたいのかなどの用途により、焚き火台を選ぶピントが異なってきます。 ソロキャンプ ソロキャンプや登山では、軽量かつコンパクトな焚き火台を選ぶのが基本です。運搬から設営・撤収まで全てを一人で行うので、荷物は極力減らすのがマストになります。大量の調理をする必要がないので使用時の焚き火台のサイズもコンパクトで、収納時も他の荷物と一緒にザックに入れたり、吊り下げて持ち歩けるのがベストです。設営や後片付けの簡便さも考慮しましょう。 デュオキャンプ カップルや友人同士2人で行うキャンプなので、二人で楽しめる焚き火台が必要になります。焚き火の炎を楽しむだけならソロ用でも構いませんが、二人で調理を楽しむためには多少大きめのサイズ(幅30cm〜40cm)が欲しくなります。バーベキューを楽しむなら焼き網付きを選ぶのもおすすめです。 ファミリーキャンプ ファミリーや多人数のグループの場合は、幅(または直径)が40cm以上ある焚き火台がおすすめです。40cm以下だと互いの距離が近すぎて窮屈になってしまいます。また形状は座った位置に不公平感が出ないように、円形または六角形など多角形の焚き火台を選びましょう。四角形の焚き火台は3〜4人ならOKですが5人以上になると角に当たる人が出てしまいます。  素材で選ぶ 焚き火台の素材はアルミや鉄・ステンレスが主流です。アルミ製は軽量で安価ですが耐久性に劣ります。頑丈なのは鉄やステンレス製ですが重量が重くなり、鉄製はサビが出やすいのでステンレス製が好まれています。しかし鉄製には重量感がありマニアには人気があるようです。値段は少々高価になりますが、軽量と耐久性を兼ね備えた最強の素材がチタン製と言われています。  価格で選ぶ 正直言って価格で選ぶことはおすすめできません。初めて焚き火台を購入するので最初は安いものと考えがちですが、粗悪品に当たってしまう可能性があり、結局は高い買い物になってしまいます。それでは高価なものを最初に購入すれば安心と言う方もいると思いますが、それも間違いです。ブランドや機能により価格はまちまちなので、高価でも使用目的に合わなければ意味がないのです。まず、自分がどんなスタイルのキャンプをしたいのか、その目的に合う焚き火台を検討することからはじめてみましょう。 デザインで選ぶ 焚き火台を選ぶ際にデザインは非常に重要です。「用途で選ぶ」で紹介したように、ソロキャンプなら携帯しやすい折りたたみ式や軽量タイプ、ファミリーキャンプなら大人数で周りを囲めるデザインとサイズが求められます。また、焚き火台の深さにも注目しましょう。浅いタイプは火加減の調節がしやすく構造がシンプルなので設営・撤収が簡単なのが特徴です。深型は薪がたくさん入り、大火力が得られ安定感がありますが、薪をくべにくく火力の調節にやや手間がかかります。用途に合わせて選んでください。 人気ブランドは?...

キャンプで本当に使えるおすすめハンモックとは?

キャンプで本当に使えるおすすめハンモックとは?

コロナ渦の影響も落ち着きを見せ始めましたが、キャンプ場の増加、キャンパーの人口も年々増えていますね!!特にハンモック泊は注目されており、キャンプ上にハンモックを持ち運ぶ人は多いのではないでしょうか。しかし実際のハンモック泊では、荷物の置き場に困ったり、設営する場所がなかったり、さまざまなデメリットもありますよね。そこで本記事では、キャンプで本当に使えるハンモックをご紹介します。ハンモック泊で必要な周辺アイテムも紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。 ハンモック泊のメリット ハンモック泊の大きなメリットは、揺られながら快適な時間を過ごせる点です。快適な時間を過ごせるだけでなく、テントよりも簡単に設営できるなど、さまざまなメリットがあります。ここでは、ハンモック泊の8つのメリットをお伝えします。 独特の浮遊感を味わえる   ハンモック泊の大きな魅力は、ゆらゆらした独特な浮遊感で1日過ごせる点です。ハンモックは木や柱の間に吊り下げて設営するため、地面から離れた状態になります。そのため、宙に浮いたような浮遊感を味わいながら眠ることも可能です。最初はその浮遊感に落ち着かないこともありますが、慣れてしまえば寝返りや体を丸めるなど自由に動くこともできます。 テントより設営がカンタン この投稿をInstagramで見る @takibikazeがシェアした投稿 ハンモックの設営はテントよりも簡単です。テント設営には必要な道具も多く、手間も発生するため時間がかかってしまいます。しかし、ハンモックなら木が見つかれば簡単に設営できます。設営に必要な道具も多くないので時間もかかりません。また、地面の土が付かずに汚れないメリットもあります。テント泊に比べてスムーズに撤収作業できる点も大きなメリットです。 荷物が少なくなる この投稿をInstagramで見る covaCamp(@cova_camp)がシェアした投稿   ハンモック泊は、テント泊に比べて荷物の量を減らせます。 軽量な素材で作られているハンモックは、コンパクトに小さくたためるので、他のキャンプギアと持ち合わせても邪魔になりません。寝袋よりコンパクトに収まるハンモックもあり、テント泊では多くなってしまう荷物も少なくできます。軽量でコンパクトなことから、簡単に持ち運べる点もハンモックのメリットです。 地面を這ってくる虫の侵入がない 地面を這っている虫が侵入しないメリットもあります。 ハンモックは、地面から離れた木と木の間に設営しますので、虫が木を登らない限り、地面を這っている虫の侵入は少ないです。 「ハンモック泊に挑戦してみたいけど、虫は苦手」という方も、虫の侵入を防げれば夜になっても安心して就寝できます。 より虫の侵入を防ぎたい場合は、蚊帳付きのハンモックを選んでみてください。 地面の状態が悪くても問題ない ハンモックの設営は、地面の状態が悪くても問題ありません。ハンモックは木と木の間で宙に浮くように設営するため、地面の状態が悪くても設営可能です。特に、山でハンモックを設置する場合は、地面が傾いていることも珍しくありません。雨で濡かるんでいることも多く、冬なら雪が積もっている場合もあります。 テント泊の場合は、こうした地面の影響を大きく受けてしまいますが、ハンモック泊なら木があれば地面の状態を考慮しなくても設営できます。地面の影響が悪くても設営できる点もハンモック泊のメリットです。 夏は涼しくて快適  ハンモック泊は、夏でも快適に過ごせます。ハンモックの背中側は、通気性の良い素材で作られているため、背中に涼しい風を感じれます。また、ハンモックが地面から離れていることも涼しさのポイントです。快適に揺られながら涼しい風を受けることができます。テントより気持ちよく眠れる人も多く、夏でも涼しく過ごせる点もハンモック泊のメリットです。 椅子としても使える  この投稿をInstagramで見る ハンモック専門店 キュリアス(@curiace_official)がシェアした投稿...

キャンプで本当に使えるおすすめハンモックとは?

コロナ渦の影響も落ち着きを見せ始めましたが、キャンプ場の増加、キャンパーの人口も年々増えていますね!!特にハンモック泊は注目されており、キャンプ上にハンモックを持ち運ぶ人は多いのではないでしょうか。しかし実際のハンモック泊では、荷物の置き場に困ったり、設営する場所がなかったり、さまざまなデメリットもありますよね。そこで本記事では、キャンプで本当に使えるハンモックをご紹介します。ハンモック泊で必要な周辺アイテムも紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい。 ハンモック泊のメリット ハンモック泊の大きなメリットは、揺られながら快適な時間を過ごせる点です。快適な時間を過ごせるだけでなく、テントよりも簡単に設営できるなど、さまざまなメリットがあります。ここでは、ハンモック泊の8つのメリットをお伝えします。 独特の浮遊感を味わえる   ハンモック泊の大きな魅力は、ゆらゆらした独特な浮遊感で1日過ごせる点です。ハンモックは木や柱の間に吊り下げて設営するため、地面から離れた状態になります。そのため、宙に浮いたような浮遊感を味わいながら眠ることも可能です。最初はその浮遊感に落ち着かないこともありますが、慣れてしまえば寝返りや体を丸めるなど自由に動くこともできます。 テントより設営がカンタン この投稿をInstagramで見る @takibikazeがシェアした投稿 ハンモックの設営はテントよりも簡単です。テント設営には必要な道具も多く、手間も発生するため時間がかかってしまいます。しかし、ハンモックなら木が見つかれば簡単に設営できます。設営に必要な道具も多くないので時間もかかりません。また、地面の土が付かずに汚れないメリットもあります。テント泊に比べてスムーズに撤収作業できる点も大きなメリットです。 荷物が少なくなる この投稿をInstagramで見る covaCamp(@cova_camp)がシェアした投稿   ハンモック泊は、テント泊に比べて荷物の量を減らせます。 軽量な素材で作られているハンモックは、コンパクトに小さくたためるので、他のキャンプギアと持ち合わせても邪魔になりません。寝袋よりコンパクトに収まるハンモックもあり、テント泊では多くなってしまう荷物も少なくできます。軽量でコンパクトなことから、簡単に持ち運べる点もハンモックのメリットです。 地面を這ってくる虫の侵入がない 地面を這っている虫が侵入しないメリットもあります。 ハンモックは、地面から離れた木と木の間に設営しますので、虫が木を登らない限り、地面を這っている虫の侵入は少ないです。 「ハンモック泊に挑戦してみたいけど、虫は苦手」という方も、虫の侵入を防げれば夜になっても安心して就寝できます。 より虫の侵入を防ぎたい場合は、蚊帳付きのハンモックを選んでみてください。 地面の状態が悪くても問題ない ハンモックの設営は、地面の状態が悪くても問題ありません。ハンモックは木と木の間で宙に浮くように設営するため、地面の状態が悪くても設営可能です。特に、山でハンモックを設置する場合は、地面が傾いていることも珍しくありません。雨で濡かるんでいることも多く、冬なら雪が積もっている場合もあります。 テント泊の場合は、こうした地面の影響を大きく受けてしまいますが、ハンモック泊なら木があれば地面の状態を考慮しなくても設営できます。地面の影響が悪くても設営できる点もハンモック泊のメリットです。 夏は涼しくて快適  ハンモック泊は、夏でも快適に過ごせます。ハンモックの背中側は、通気性の良い素材で作られているため、背中に涼しい風を感じれます。また、ハンモックが地面から離れていることも涼しさのポイントです。快適に揺られながら涼しい風を受けることができます。テントより気持ちよく眠れる人も多く、夏でも涼しく過ごせる点もハンモック泊のメリットです。 椅子としても使える  この投稿をInstagramで見る ハンモック専門店 キュリアス(@curiace_official)がシェアした投稿...