Journal

【2024年版】キャンプに便利なおすすめのフライパン12選!特徴ごとの選び方もご紹介します

【2024年版】キャンプに便利なおすすめのフライパン12選!特徴ごとの選び方もご紹介します

キャンプ用の調理道具のなかでも、まず最初に購入するキャンパーも多いキャンプ用のフライパン。フライパンひとつでもキャンプ用、家庭用とそれぞれに特徴があります。この記事では、そんなキャンプ用フライパンの種類やお手入れの仕方、素材別のおすすめ商品などを一気に解説していきます。こだわりのフライパンを手に入れると、グリル料理も極めたくなりますよ。 キャンプ用フライパンとは 出典:@h_yosida 「フライパン」は、知らない方はいないほどメジャーな調理道具のひとつです。フライパンにはどんな特徴があるのか。なんて考えて購入することは少ないと思います。家庭で使うフライパンを選ぶときは、せいぜい焦げ付きにくい加工のもの、大きさ、重さを考慮するぐらいしょう。でも、実はそれぞれに特徴があり、知っていくとこだわりたくなりますよ。キャンプ用のフライパンでは直火で調理することも多く、熱にも強い素材や、持ち運びのしやすいもの、形状やタイプなどたくさんあります。メリットとして挙げられるのが、調理してそのままお皿として使えるような、オシャレなフライパンなどがあります。洗い物も減らせるので環境にも優しいですね。そしてデメリットとしては、素材によっては、かなり重いものがあります。また、シーズニングというメンテナンスが必要になるものもあります。 キャンプ用フライパンの種類 キャンプ向けのフライパンは、主に焚き火で使えるもの、スキレット、家庭用の3種類です。それぞれの特徴を説明していきます。シーンによっては使えないものもあるので自分のキャンプスタイルに合ったものを使うようにしましょう。 ◆スキレット 出典:@tmytsm そのままお皿としてもオシャレに使えるスキレット。主に黒っぽく、少し厚みのある鋳鉄製のフライパンのことを言います。熱が均一に伝わり食材にムラなく火が通るため、ステーキなどの厚みがある食材も、ふっくらとジューシーに仕上がります。しかし、中にはシーズニングというお手入れが必要になるものもあります。 ◆焚き火用 出典:@226camp あまり馴染みのない「焚き火フライパン」と呼ばれる、焚き火専用のフライパンです。少し面白いフォルムをしており、柄がありません。これは現地調達で木を差し込み口に入れ、ハンドルにするというものです。ブッシュクラフトスタイルにピッタリですね。メリットはハンドルがないことで、持ち運ぶ際にもスッキリと収納できる点です。アウトドア好きにはたまらないフライパンですね。 ◆家庭用 初めてキャンプへ行くときや、頻繁にキャンプに行けない場合は、ご家庭で使っているプライパンを持ち込んで楽しむこともできます。ただ家庭用のため、サイズが大きめだったり、ハンドルが折りたたむことができなかったり、素材が直火不可のものが多い為、注意が必要です。 キャンプ用フライパンの特徴 次はフライパンの大きさや形状、フライパンの加工の有無などを、それぞれ特徴ごとに見ていきましょう。キャンプへ行く人数によっても、大きく左右されるフライパンの「大きさ」や、持ち運びの際に重要になってくる「取っ手が折りたたみ式かどうか」など、ひとつずつ項目ごとに説明していきますね。 ◆大きさ 出典:@shop_niche まずはキャンプへ行く人数で変わる、フライパンの大きさについてです。持ち運びは、なるべくコンパクトな方がいいけれど、大人数だとコンパクトサイズでは、一度に作れる料理の量が少なすぎてしまいます。「少し大きめ」がおすすめですが、人数と持ち運びを考慮して選ぶことが大切です。では、人数ごとの目安を入れながら解説していきます。・ソロキャンプソロキャンプでのフライパンの大きさの目安は、直径15~20cmほどです。小さめのスキレットだと、調理してそのままお皿として使うこともできるため、荷物や洗い物を減らすことができます。・デュオキャンプデュオキャンプでのフライパンの大きさの目安は、直径20~25cmほどです。大きすぎるフライパンは必要ないので、持ち運びのことも考慮して大きさを選ぶことが大切です。・グループやファミリーキャンプ5人くらいまでのグループやファミリーでのフライパンの大きさの目安は、直径25~30cmほどです。ご家庭で料理するときは、このぐらいのサイズを使っている方が多いはず。炒め料理や焼き料理など、一気に調理できるサイズです。 ◆取っ手 出典:@tonaride_solocamp 近年では取っ手が折りたためるものや、取っ手自体を外せるものがあり、持ち運びや収納面で便利になっています。キャンプでは、どうしても荷物が多くなってしまうもの。少しでも調理道具を上手くスタッキングして、コンパクトにしたいですよね。そういうときには取っ手が邪魔になってしまいます。折りたたみタイプや、取り外しタイプの取っ手でストレスなくパッキングしましょう。 ◆加工 初心者のキャンパーにお勧めしたいのが、テフロン加工(フッ素加工)されたフライパンです。これは家庭用フライパンでよくある加工です。余分な油を使わなくても焦げ付きにくいため、ヘルシーな調理が可能です。また、汚れも落ちやすいため、洗剤や洗い流す水の量も少なくて済みます。キャンプ場として整備された施設ではない山奥で、自然なキャンプを楽しむときなどでは汚れを拭き取っておいて、家に帰ってから洗うこともできます。 ◆ケース 出典:@livingplazastore キャンプ場へ持って行くときはもちろん、自宅で収納するときにも便利です。衛生面を考えると、やっぱりケースがあった方が安心ではないでしょうか。ケースがセットになったフライパンがたくさんありますが、ケースは別売りで、自分に合ったデザインを選ぶのもアリですよね。 キャンプ用フライパンの素材 キャンプ用のフライパンは、一般的に「鉄製」「ステンレス製」「チタン製」「アルミ製」の素材が多いです。それぞれ特徴が異なるので、自分のキャンプスタイルに合った素材を選ぶ際の参考にしてくださいね。 ◆鉄製...

【2024年版】キャンプに便利なおすすめのフライパン12選!特徴ごとの選び方もご紹介します

キャンプ用の調理道具のなかでも、まず最初に購入するキャンパーも多いキャンプ用のフライパン。フライパンひとつでもキャンプ用、家庭用とそれぞれに特徴があります。この記事では、そんなキャンプ用フライパンの種類やお手入れの仕方、素材別のおすすめ商品などを一気に解説していきます。こだわりのフライパンを手に入れると、グリル料理も極めたくなりますよ。 キャンプ用フライパンとは 出典:@h_yosida 「フライパン」は、知らない方はいないほどメジャーな調理道具のひとつです。フライパンにはどんな特徴があるのか。なんて考えて購入することは少ないと思います。家庭で使うフライパンを選ぶときは、せいぜい焦げ付きにくい加工のもの、大きさ、重さを考慮するぐらいしょう。でも、実はそれぞれに特徴があり、知っていくとこだわりたくなりますよ。キャンプ用のフライパンでは直火で調理することも多く、熱にも強い素材や、持ち運びのしやすいもの、形状やタイプなどたくさんあります。メリットとして挙げられるのが、調理してそのままお皿として使えるような、オシャレなフライパンなどがあります。洗い物も減らせるので環境にも優しいですね。そしてデメリットとしては、素材によっては、かなり重いものがあります。また、シーズニングというメンテナンスが必要になるものもあります。 キャンプ用フライパンの種類 キャンプ向けのフライパンは、主に焚き火で使えるもの、スキレット、家庭用の3種類です。それぞれの特徴を説明していきます。シーンによっては使えないものもあるので自分のキャンプスタイルに合ったものを使うようにしましょう。 ◆スキレット 出典:@tmytsm そのままお皿としてもオシャレに使えるスキレット。主に黒っぽく、少し厚みのある鋳鉄製のフライパンのことを言います。熱が均一に伝わり食材にムラなく火が通るため、ステーキなどの厚みがある食材も、ふっくらとジューシーに仕上がります。しかし、中にはシーズニングというお手入れが必要になるものもあります。 ◆焚き火用 出典:@226camp あまり馴染みのない「焚き火フライパン」と呼ばれる、焚き火専用のフライパンです。少し面白いフォルムをしており、柄がありません。これは現地調達で木を差し込み口に入れ、ハンドルにするというものです。ブッシュクラフトスタイルにピッタリですね。メリットはハンドルがないことで、持ち運ぶ際にもスッキリと収納できる点です。アウトドア好きにはたまらないフライパンですね。 ◆家庭用 初めてキャンプへ行くときや、頻繁にキャンプに行けない場合は、ご家庭で使っているプライパンを持ち込んで楽しむこともできます。ただ家庭用のため、サイズが大きめだったり、ハンドルが折りたたむことができなかったり、素材が直火不可のものが多い為、注意が必要です。 キャンプ用フライパンの特徴 次はフライパンの大きさや形状、フライパンの加工の有無などを、それぞれ特徴ごとに見ていきましょう。キャンプへ行く人数によっても、大きく左右されるフライパンの「大きさ」や、持ち運びの際に重要になってくる「取っ手が折りたたみ式かどうか」など、ひとつずつ項目ごとに説明していきますね。 ◆大きさ 出典:@shop_niche まずはキャンプへ行く人数で変わる、フライパンの大きさについてです。持ち運びは、なるべくコンパクトな方がいいけれど、大人数だとコンパクトサイズでは、一度に作れる料理の量が少なすぎてしまいます。「少し大きめ」がおすすめですが、人数と持ち運びを考慮して選ぶことが大切です。では、人数ごとの目安を入れながら解説していきます。・ソロキャンプソロキャンプでのフライパンの大きさの目安は、直径15~20cmほどです。小さめのスキレットだと、調理してそのままお皿として使うこともできるため、荷物や洗い物を減らすことができます。・デュオキャンプデュオキャンプでのフライパンの大きさの目安は、直径20~25cmほどです。大きすぎるフライパンは必要ないので、持ち運びのことも考慮して大きさを選ぶことが大切です。・グループやファミリーキャンプ5人くらいまでのグループやファミリーでのフライパンの大きさの目安は、直径25~30cmほどです。ご家庭で料理するときは、このぐらいのサイズを使っている方が多いはず。炒め料理や焼き料理など、一気に調理できるサイズです。 ◆取っ手 出典:@tonaride_solocamp 近年では取っ手が折りたためるものや、取っ手自体を外せるものがあり、持ち運びや収納面で便利になっています。キャンプでは、どうしても荷物が多くなってしまうもの。少しでも調理道具を上手くスタッキングして、コンパクトにしたいですよね。そういうときには取っ手が邪魔になってしまいます。折りたたみタイプや、取り外しタイプの取っ手でストレスなくパッキングしましょう。 ◆加工 初心者のキャンパーにお勧めしたいのが、テフロン加工(フッ素加工)されたフライパンです。これは家庭用フライパンでよくある加工です。余分な油を使わなくても焦げ付きにくいため、ヘルシーな調理が可能です。また、汚れも落ちやすいため、洗剤や洗い流す水の量も少なくて済みます。キャンプ場として整備された施設ではない山奥で、自然なキャンプを楽しむときなどでは汚れを拭き取っておいて、家に帰ってから洗うこともできます。 ◆ケース 出典:@livingplazastore キャンプ場へ持って行くときはもちろん、自宅で収納するときにも便利です。衛生面を考えると、やっぱりケースがあった方が安心ではないでしょうか。ケースがセットになったフライパンがたくさんありますが、ケースは別売りで、自分に合ったデザインを選ぶのもアリですよね。 キャンプ用フライパンの素材 キャンプ用のフライパンは、一般的に「鉄製」「ステンレス製」「チタン製」「アルミ製」の素材が多いです。それぞれ特徴が異なるので、自分のキャンプスタイルに合った素材を選ぶ際の参考にしてくださいね。 ◆鉄製...

【2024年版】アウトドアに便利なキャンプ用の箸!!おすすめ商品もご紹介します

【2024年版】アウトドアに便利なキャンプ用の箸!!おすすめ商品もご紹介します

洗って何度でも繰り返し使えるキャンプ用の箸は、アウトドアでの食事に便利な道具です。 折りたたみ式やコンパクトで持ち運びに便利なデザインだったり、木製や竹製、プラスチック製など素材もさまざまです。キャンプやハイキングなどのアウトドア活動だけでなく、ピクニックやレジャーにも便利です。今回は、キャンプ用の箸の魅力や選び方、おすすめ商品などをご紹介していきます。 2024/7/3 更新 キャンプ用箸の魅力 出典:@funasyou.ohashi エコの観点からも繰り返し使えるキャンプ用の箸は、環境にも優しく、割り箸では味気ない食卓が一気にオシャレになるため、人気キャンプギアの一つです。また、割り箸よりも長いものが多く、キャンプ料理でも使いやすさ抜群で活躍します。素材やデザインもたくさんあるので、自分にピッタリのものを見つけてくださいね。 キャンプ用箸を選ぶ時のポイント キャンプ用箸を選ぶ際のポイントは、素材や使い勝手、持ち運びのしやすさなどが挙げられます。まず、軽量で丈夫な素材を選ぶことが重要です。竹や木製、チタン、ステンレスなどが一般的です。また、使い勝手も重要で、握りやすく滑りにくいデザインや、洗いやすさも見ておきましょう。折りたたみ式やコンパクトなサイズも、持ち運びに便利です。自分の使い方や好みに合った箸を選ぶことで、キャンプやアウトドアでの食事がより快適になります。ここでは、素材やタイプ別にキャンプ用の箸の選び方を説明していきますね。 ◆素材 天然素材 出典:@sevens_i_2021 【木製】木製の箸は、家庭で使っているキャンパーも多いのではないでしょうか。普段から親しんだ素材だからこそ、使いやすさはもちろん、温かみのある見た目は、他のキャンプギアを木製で揃えている方にピッタリです。【竹製】竹製の箸はしなりが良く折れにくいことが特徴です。また、軽いことや、食べ物を掴みやすい事もメリットです。一般的には竹製の箸は、木製の箸や金属製の箸に比べて手頃な価格なものも多いです。デメリットはカビが生えやすいため、使ったあとは洗ってしっかり乾燥させましょう。金属素材 出典:@sawa_camp_ 【チタン製】チタンの特徴は軽くて丈夫で、熱が伝わりにくいため、キャンプ料理での菜箸代わりに使うときも安心して使うことが出来ます。また、汚れも落ちやすく、金属臭が苦手な人にも使いやすいです。【ステンレス製】チタンのように丈夫で汚れも落ちやすく、衛生的に使えることで有名ですが、チタンより重量が増してしまうのがデメリットと言えます。しかし、価格は高くないため、コスパはいいです。 合成樹脂素材 出典:@poka_taro_camp 【プラスチック製】 樹脂やプラスチック製の箸は価格が安く、カラーバリエーションも豊富なのが特徴です。家族でのキャンプなど、大人数でのキャンプ向きです。 ◆タイプ 出典:@km3.horizontal.grays 【分割タイプ】キャンプで使うものは持ち運びすることが前提になるので、コンパクトに収納や折りたたみできるものが人気であることが多いです。分解タイプは箸の真ん中あたりで分解できるため、半分くらいの長さになり、持ち運びに便利です。また、収納タイプは箸の真ん中あたりで持ち手部分に先端部分が収納できるものです。こちらのタイプは箸を分解してバラバラにするのとは違い、パーツをなくしにくい点ではメリットと言えます。【スタンダードタイプ】こちらは分割できないお家で使うようなタイプの箸になります。持ち運びには少し不便さを感じるかもしれませんが、種類が多いのが特徴で、使い心地は、普段から使っている箸と代わらないので使いやすいでしょう。 ◆形状 出典:@outdoorshop_woodstock 【形状】箸で食べ物をつかむ事を重視するなら、箸の先端に滑り止め加工のあるものを選ぶといいでしょう。また、キャンプでは水平な場所にテーブルを置けるとも限りません。この場合、箸をテーブルに置いたとき、転がりにくさを重視するのであれば、ラウンド型を避けた方がいいですよ。 ◆長さ 箸の長さで迷っている人は、20センチ以上の長さの箸を選ぶことで、食事にも調理にも使えるため便利です。また、調理でも箸を使いたいのであれば素材はチタン製がいいでしょう。熱伝導率が低く調理にも向いています。箸を選ぶ際の目安の長さは、男性は23cm前後、女性は21cm前後が食事にも調理にも使いやすいでしょう。 キャンプ用箸のおすすめ商品8選 ここでは、おすすめするキャンプ用箸を8つご紹介します。素材や形状など、それぞれ見ていきましょう。キャンプ用箸を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。【Boundless Voyage/チタン箸...

【2024年版】アウトドアに便利なキャンプ用の箸!!おすすめ商品もご紹介します

洗って何度でも繰り返し使えるキャンプ用の箸は、アウトドアでの食事に便利な道具です。 折りたたみ式やコンパクトで持ち運びに便利なデザインだったり、木製や竹製、プラスチック製など素材もさまざまです。キャンプやハイキングなどのアウトドア活動だけでなく、ピクニックやレジャーにも便利です。今回は、キャンプ用の箸の魅力や選び方、おすすめ商品などをご紹介していきます。 2024/7/3 更新 キャンプ用箸の魅力 出典:@funasyou.ohashi エコの観点からも繰り返し使えるキャンプ用の箸は、環境にも優しく、割り箸では味気ない食卓が一気にオシャレになるため、人気キャンプギアの一つです。また、割り箸よりも長いものが多く、キャンプ料理でも使いやすさ抜群で活躍します。素材やデザインもたくさんあるので、自分にピッタリのものを見つけてくださいね。 キャンプ用箸を選ぶ時のポイント キャンプ用箸を選ぶ際のポイントは、素材や使い勝手、持ち運びのしやすさなどが挙げられます。まず、軽量で丈夫な素材を選ぶことが重要です。竹や木製、チタン、ステンレスなどが一般的です。また、使い勝手も重要で、握りやすく滑りにくいデザインや、洗いやすさも見ておきましょう。折りたたみ式やコンパクトなサイズも、持ち運びに便利です。自分の使い方や好みに合った箸を選ぶことで、キャンプやアウトドアでの食事がより快適になります。ここでは、素材やタイプ別にキャンプ用の箸の選び方を説明していきますね。 ◆素材 天然素材 出典:@sevens_i_2021 【木製】木製の箸は、家庭で使っているキャンパーも多いのではないでしょうか。普段から親しんだ素材だからこそ、使いやすさはもちろん、温かみのある見た目は、他のキャンプギアを木製で揃えている方にピッタリです。【竹製】竹製の箸はしなりが良く折れにくいことが特徴です。また、軽いことや、食べ物を掴みやすい事もメリットです。一般的には竹製の箸は、木製の箸や金属製の箸に比べて手頃な価格なものも多いです。デメリットはカビが生えやすいため、使ったあとは洗ってしっかり乾燥させましょう。金属素材 出典:@sawa_camp_ 【チタン製】チタンの特徴は軽くて丈夫で、熱が伝わりにくいため、キャンプ料理での菜箸代わりに使うときも安心して使うことが出来ます。また、汚れも落ちやすく、金属臭が苦手な人にも使いやすいです。【ステンレス製】チタンのように丈夫で汚れも落ちやすく、衛生的に使えることで有名ですが、チタンより重量が増してしまうのがデメリットと言えます。しかし、価格は高くないため、コスパはいいです。 合成樹脂素材 出典:@poka_taro_camp 【プラスチック製】 樹脂やプラスチック製の箸は価格が安く、カラーバリエーションも豊富なのが特徴です。家族でのキャンプなど、大人数でのキャンプ向きです。 ◆タイプ 出典:@km3.horizontal.grays 【分割タイプ】キャンプで使うものは持ち運びすることが前提になるので、コンパクトに収納や折りたたみできるものが人気であることが多いです。分解タイプは箸の真ん中あたりで分解できるため、半分くらいの長さになり、持ち運びに便利です。また、収納タイプは箸の真ん中あたりで持ち手部分に先端部分が収納できるものです。こちらのタイプは箸を分解してバラバラにするのとは違い、パーツをなくしにくい点ではメリットと言えます。【スタンダードタイプ】こちらは分割できないお家で使うようなタイプの箸になります。持ち運びには少し不便さを感じるかもしれませんが、種類が多いのが特徴で、使い心地は、普段から使っている箸と代わらないので使いやすいでしょう。 ◆形状 出典:@outdoorshop_woodstock 【形状】箸で食べ物をつかむ事を重視するなら、箸の先端に滑り止め加工のあるものを選ぶといいでしょう。また、キャンプでは水平な場所にテーブルを置けるとも限りません。この場合、箸をテーブルに置いたとき、転がりにくさを重視するのであれば、ラウンド型を避けた方がいいですよ。 ◆長さ 箸の長さで迷っている人は、20センチ以上の長さの箸を選ぶことで、食事にも調理にも使えるため便利です。また、調理でも箸を使いたいのであれば素材はチタン製がいいでしょう。熱伝導率が低く調理にも向いています。箸を選ぶ際の目安の長さは、男性は23cm前後、女性は21cm前後が食事にも調理にも使いやすいでしょう。 キャンプ用箸のおすすめ商品8選 ここでは、おすすめするキャンプ用箸を8つご紹介します。素材や形状など、それぞれ見ていきましょう。キャンプ用箸を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。【Boundless Voyage/チタン箸...

【2024年版】キャンプに持って行く調味料をまとめて収納!!おすすめのスパイスボックスまでご紹介

【2024年版】キャンプに持って行く調味料をまとめて収納!!おすすめのスパイスボックスまでご紹介

キャンプ料理に欠かせない調味料ですが、調味料がたくさんあって、持ち運びに困った経験はありませんか?今回は調味料をまとめて収納できるスパイスボックスのメリットや選び方、おすすめ商品などをまとめました。調味料もスマートに、オシャレに持ち運びましょう。 2024/05/22 更新 スパイスボックスのメリット 近年のキャンプは「オシャレ」に「カッコよく」などキャンプのレイアウトにも力が入りますよね。そんなキャンパーには、ぜひ持って欲しいアイテムが「スパイスボックス」です。調味料がゴロゴロと荷物の中に入っている、テーブルの上に載っている、とお世辞にもオシャレとは言えないですよね。調味料もスッキリまとめてスマートに持ち運びましょう。そんなスパイスボックスの特徴と魅力についてご説明しますね。 ◆特徴 出典:@dat_chin スパイスボックスの特徴といえば、キャンプでの持ち運びの際に衝撃から守ってくれることです。瓶などに入っている調味料は、仕切りのあるスパイスボックスであれば、リュックなどの中でばらばらに入った調味料同士がぶつかり、瓶が割れてしまうことを防いでくれます。また、取っ手がついているものがほとんどで、持ち運びも便利になります。 ◆魅力 出典:@kiyomi.yamazuki スパイスボックスのいちばんの魅力は、キャンプ料理の際にもサッと出して、サッと使える事ではないでしょうか。カバンの中も整頓されるのでメリットは大いにあります。今ではさまざまなサイズやデザインがあり、使いやすさと収納性を兼ね備えています。スパイスボックスはアウトドア料理のアクセントとなり、キャンプをより楽しくする魅力を持っています。 スパイスボックスの選び方 出典:@village_vanguard スパイスボックスを選ぶ際には、耐久性やサイズ、形状など、持ち運びや収納に適したものを選ぶと便利です。取り扱いやすさもポイントで、開閉しやすいものや、調味料を出し入れしやすい口の広さが重要です。さまざまな種類やデザインがあるので、自分の使い方や好みに合ったものを選ぶようにしましょう。 ◆サイズで選ぶ スパイスボックスをサイズで選ぶときは、まず使用する調味料の量を考慮することが重要です。ソロキャンプなのか、大人数でのキャンプなのか、一泊なのか、連泊なのかなどによっても変わってきます。また、調味料は複数個持参することが一般的なので、収納スペースや、持ち運びのしやすさも考慮しましょう。サイズ選びのポイントは、使用する調味料の量と種類、持ち運びやすさ、収納スペースの確保です。これらを考慮して、自分に最適なサイズのスパイスボックスを選ぶと良いでしょう。 ◆デザインで選ぶ スパイスボックスをデザインで選ぶ際には、使いやすさと機能性を重視することが大切です。開閉しやすい蓋や口の広さか。調味料の出し入れはしやすいか。など、ストレスを感じないデザインを選びましょう。また、軽量で持ち運びしやすいことも重要です。キャンプでは荷物が増えがちなので、コンパクトかつ軽量なものが便利です。さらに、アウトドアでの使用に適した丈夫な素材かどうかなども考慮して、自分に合ったスパイスボックスを選ぶと便利です。 ・見開きタイプ 出典:@sotoshiru 木製のものが多く、縦型です。左右に開いて置くとスパイスラックになり、見た目にもオシャレで、調味料も選びやすいです。引き出しが付いているものや、キッチンペーパーを収納出来るものもあります。そのまま自宅で使用してもオシャレな反面、少し重く、かさばってしまうことがデメリットと言えます。 ・折りたたみタイプ 出典:@dracul3733a 帆布のように丈夫な布で出来ているものが多く、スパイスボトルをひとつひとつゴムなどで固定し、クルッとまとめるタイプです。スパイスボトルが固定されているため、破損の心配も少ないと言えます。 ・ポーチタイプ 出典:@tateisukanna.store ナイロン製や布製のものが一般的で、クッション性のあるものであれば、衝撃も吸収してくれるでしょう。なんと言っても軽量であることが多く、持ち運びの負担を軽減してくれます。スパイスボックスとしてだけではなく、小物入れにもなるものが多く、色んな使い方が出来るのが特徴です。 ◆素材で選ぶ ここでは、スパイスボックスを素材ごとに分けて選び方を見ていきます。素材別にどんな特徴があるのか、自分のキャンプスタイルに合うものを選んでくださいね。 ・木製...

【2024年版】キャンプに持って行く調味料をまとめて収納!!おすすめのスパイスボックスまでご紹介

キャンプ料理に欠かせない調味料ですが、調味料がたくさんあって、持ち運びに困った経験はありませんか?今回は調味料をまとめて収納できるスパイスボックスのメリットや選び方、おすすめ商品などをまとめました。調味料もスマートに、オシャレに持ち運びましょう。 2024/05/22 更新 スパイスボックスのメリット 近年のキャンプは「オシャレ」に「カッコよく」などキャンプのレイアウトにも力が入りますよね。そんなキャンパーには、ぜひ持って欲しいアイテムが「スパイスボックス」です。調味料がゴロゴロと荷物の中に入っている、テーブルの上に載っている、とお世辞にもオシャレとは言えないですよね。調味料もスッキリまとめてスマートに持ち運びましょう。そんなスパイスボックスの特徴と魅力についてご説明しますね。 ◆特徴 出典:@dat_chin スパイスボックスの特徴といえば、キャンプでの持ち運びの際に衝撃から守ってくれることです。瓶などに入っている調味料は、仕切りのあるスパイスボックスであれば、リュックなどの中でばらばらに入った調味料同士がぶつかり、瓶が割れてしまうことを防いでくれます。また、取っ手がついているものがほとんどで、持ち運びも便利になります。 ◆魅力 出典:@kiyomi.yamazuki スパイスボックスのいちばんの魅力は、キャンプ料理の際にもサッと出して、サッと使える事ではないでしょうか。カバンの中も整頓されるのでメリットは大いにあります。今ではさまざまなサイズやデザインがあり、使いやすさと収納性を兼ね備えています。スパイスボックスはアウトドア料理のアクセントとなり、キャンプをより楽しくする魅力を持っています。 スパイスボックスの選び方 出典:@village_vanguard スパイスボックスを選ぶ際には、耐久性やサイズ、形状など、持ち運びや収納に適したものを選ぶと便利です。取り扱いやすさもポイントで、開閉しやすいものや、調味料を出し入れしやすい口の広さが重要です。さまざまな種類やデザインがあるので、自分の使い方や好みに合ったものを選ぶようにしましょう。 ◆サイズで選ぶ スパイスボックスをサイズで選ぶときは、まず使用する調味料の量を考慮することが重要です。ソロキャンプなのか、大人数でのキャンプなのか、一泊なのか、連泊なのかなどによっても変わってきます。また、調味料は複数個持参することが一般的なので、収納スペースや、持ち運びのしやすさも考慮しましょう。サイズ選びのポイントは、使用する調味料の量と種類、持ち運びやすさ、収納スペースの確保です。これらを考慮して、自分に最適なサイズのスパイスボックスを選ぶと良いでしょう。 ◆デザインで選ぶ スパイスボックスをデザインで選ぶ際には、使いやすさと機能性を重視することが大切です。開閉しやすい蓋や口の広さか。調味料の出し入れはしやすいか。など、ストレスを感じないデザインを選びましょう。また、軽量で持ち運びしやすいことも重要です。キャンプでは荷物が増えがちなので、コンパクトかつ軽量なものが便利です。さらに、アウトドアでの使用に適した丈夫な素材かどうかなども考慮して、自分に合ったスパイスボックスを選ぶと便利です。 ・見開きタイプ 出典:@sotoshiru 木製のものが多く、縦型です。左右に開いて置くとスパイスラックになり、見た目にもオシャレで、調味料も選びやすいです。引き出しが付いているものや、キッチンペーパーを収納出来るものもあります。そのまま自宅で使用してもオシャレな反面、少し重く、かさばってしまうことがデメリットと言えます。 ・折りたたみタイプ 出典:@dracul3733a 帆布のように丈夫な布で出来ているものが多く、スパイスボトルをひとつひとつゴムなどで固定し、クルッとまとめるタイプです。スパイスボトルが固定されているため、破損の心配も少ないと言えます。 ・ポーチタイプ 出典:@tateisukanna.store ナイロン製や布製のものが一般的で、クッション性のあるものであれば、衝撃も吸収してくれるでしょう。なんと言っても軽量であることが多く、持ち運びの負担を軽減してくれます。スパイスボックスとしてだけではなく、小物入れにもなるものが多く、色んな使い方が出来るのが特徴です。 ◆素材で選ぶ ここでは、スパイスボックスを素材ごとに分けて選び方を見ていきます。素材別にどんな特徴があるのか、自分のキャンプスタイルに合うものを選んでくださいね。 ・木製...

【2024年版】シェラカップの蓋(リッド)の活用術から選び方、おすすめ商品まで一挙にご紹介!

【2024年版】シェラカップの蓋(リッド)の活用術から選び方、おすすめ商品まで一挙にご紹介!

キャンプでシェラカップを使っている方は多いのではないでしょうか。そんなシェラカップと合わせて使うと、もっとキャンプ料理の幅が広がること間違いなしの「シェラカップの蓋(リッド)」について、活用術や選び方などを解説していきます。おすすめ商品の紹介もあるので、シェラカップリッド選びの参考にしてみてくださいね。 シェラカップの蓋(リッド)を素材やサイズ、形状別に選び方を考えてみよう 出典:@toca_lifart シェラカップの蓋(リッド)は素材やサイズ、形状によって使い方も変わってきます。ここでは、それぞれの特徴や使用方法などを解説していきます。お持ちのシェラカップに合ったものを選ぶ参考にしてくださいね。 ◆素材別に見てみる 出典:@slowcamp_turtle 大きく分けて素材は「チタン製・ステンレス製・木製・ポリエチレン製」などがあげられます。使用目的によって使い分けが必要です。チタン製やステンレス製は、基本的にお持ちのシェラカップと同じ素材にすることで統一感が出ます。また、木製はまな板代わりや鍋敷きに使えたり、ポリエチレン製であれば蓋がピッタリと閉まり、保存容器としても使えます。 ◆サイズ別に見てみる いちばんのポイントは、お持ちのシェラカップにあった大きさで選ぶことです。同一メーカーであれば、シェラカップと蓋がセットで使えるものがほとんどですが、中には合わないものもあるため、しっかりと見極めることが重要です。サイズは直径サイズで確かめましょう。 ◆形状別に見てみる 蓋自体に取っ手が付いているもの、穴が空いていて箸やカトラリーで引っかけて持ち上げることの出来るもの、お皿として使いやすいようなフチに高さがあるものなど様々です。まずはお持ちのシェラカップに、蓋の形状が合っているかを確かめる事がポイントです。 シェラカップの蓋(リッド)の5つの活用法 シェラカップの蓋を持っていることでの最大のメリットは、キャンプ料理の幅が広がることではないでしょうか。シェラカップだけでは「煮る」や「炒める」が中心だったメニューも「ご飯を炊く」や「蒸す」なども出来るようになります。ここではシェラカップの蓋の活用法を5つに絞って解説していきます。 ◆炊飯や蒸し料理 出典:@peg_ichi シェラカップの蓋があればアツアツのご飯が炊けるほか、底に白菜やキャベツを敷き、シューマイなどを乗せて火にかけると蒸し料理も調理可能です。今までのシェラカップでの調理とはひと味違ってきます。 ◆まな板や鍋敷き 出典:@greenh_morioka 木製の蓋はまな板として、ちょっとした作業もこなせます。ヘタを取るだけ、半分に切るだけなど、まな板を使うほどでもないとき、洗い物も減るので便利です。また、火にかけていたクッカーを直接テーブルに置いてしまうと焦げてしまうことがあります。そんな時に鍋敷きの代わりとして重宝しますよ。 ◆小皿 ステンレス製やチタン製の蓋は、ちょっとしたおつまみや、料理の取り皿としても、特に便利に使えます。シェラカップの形状に合うように、少しフチが上がっていたりすることが小皿として使うのにも便利な形状になっています。 ◆砂ぼこりや虫が入るのを防ぐ シェラカップは飲み物を入れておいたりすることも多く、野外での調理のため、舞い上がった砂ぼこりや虫が入ってしまうのが気になるところですよね。そんな時にもシェラカップに蓋をしておくことで防ぐことが出来ます。 ◆シェラカップごと焚き火に入れて温める シェラカップに蓋をすることで、バーナーがなくても焚き火や炭の上に直接置くことができ、温め直しても灰が入らないため便利です。 シェラカップの蓋(リッド)おすすめ4選 ここからは、おすすめのシェラカップの蓋(リッド)を4つご紹介します。デザインや大きさ、素材など、それぞれ異なる特徴を見ていきましょう。お持ちのシェラカップに合うかどうか確認してみてくださいね。 【UNIFLAME(ユニフレーム)/UFシェラリッド300チタン】   出典:Amazon...

【2024年版】シェラカップの蓋(リッド)の活用術から選び方、おすすめ商品まで一挙にご紹介!

キャンプでシェラカップを使っている方は多いのではないでしょうか。そんなシェラカップと合わせて使うと、もっとキャンプ料理の幅が広がること間違いなしの「シェラカップの蓋(リッド)」について、活用術や選び方などを解説していきます。おすすめ商品の紹介もあるので、シェラカップリッド選びの参考にしてみてくださいね。 シェラカップの蓋(リッド)を素材やサイズ、形状別に選び方を考えてみよう 出典:@toca_lifart シェラカップの蓋(リッド)は素材やサイズ、形状によって使い方も変わってきます。ここでは、それぞれの特徴や使用方法などを解説していきます。お持ちのシェラカップに合ったものを選ぶ参考にしてくださいね。 ◆素材別に見てみる 出典:@slowcamp_turtle 大きく分けて素材は「チタン製・ステンレス製・木製・ポリエチレン製」などがあげられます。使用目的によって使い分けが必要です。チタン製やステンレス製は、基本的にお持ちのシェラカップと同じ素材にすることで統一感が出ます。また、木製はまな板代わりや鍋敷きに使えたり、ポリエチレン製であれば蓋がピッタリと閉まり、保存容器としても使えます。 ◆サイズ別に見てみる いちばんのポイントは、お持ちのシェラカップにあった大きさで選ぶことです。同一メーカーであれば、シェラカップと蓋がセットで使えるものがほとんどですが、中には合わないものもあるため、しっかりと見極めることが重要です。サイズは直径サイズで確かめましょう。 ◆形状別に見てみる 蓋自体に取っ手が付いているもの、穴が空いていて箸やカトラリーで引っかけて持ち上げることの出来るもの、お皿として使いやすいようなフチに高さがあるものなど様々です。まずはお持ちのシェラカップに、蓋の形状が合っているかを確かめる事がポイントです。 シェラカップの蓋(リッド)の5つの活用法 シェラカップの蓋を持っていることでの最大のメリットは、キャンプ料理の幅が広がることではないでしょうか。シェラカップだけでは「煮る」や「炒める」が中心だったメニューも「ご飯を炊く」や「蒸す」なども出来るようになります。ここではシェラカップの蓋の活用法を5つに絞って解説していきます。 ◆炊飯や蒸し料理 出典:@peg_ichi シェラカップの蓋があればアツアツのご飯が炊けるほか、底に白菜やキャベツを敷き、シューマイなどを乗せて火にかけると蒸し料理も調理可能です。今までのシェラカップでの調理とはひと味違ってきます。 ◆まな板や鍋敷き 出典:@greenh_morioka 木製の蓋はまな板として、ちょっとした作業もこなせます。ヘタを取るだけ、半分に切るだけなど、まな板を使うほどでもないとき、洗い物も減るので便利です。また、火にかけていたクッカーを直接テーブルに置いてしまうと焦げてしまうことがあります。そんな時に鍋敷きの代わりとして重宝しますよ。 ◆小皿 ステンレス製やチタン製の蓋は、ちょっとしたおつまみや、料理の取り皿としても、特に便利に使えます。シェラカップの形状に合うように、少しフチが上がっていたりすることが小皿として使うのにも便利な形状になっています。 ◆砂ぼこりや虫が入るのを防ぐ シェラカップは飲み物を入れておいたりすることも多く、野外での調理のため、舞い上がった砂ぼこりや虫が入ってしまうのが気になるところですよね。そんな時にもシェラカップに蓋をしておくことで防ぐことが出来ます。 ◆シェラカップごと焚き火に入れて温める シェラカップに蓋をすることで、バーナーがなくても焚き火や炭の上に直接置くことができ、温め直しても灰が入らないため便利です。 シェラカップの蓋(リッド)おすすめ4選 ここからは、おすすめのシェラカップの蓋(リッド)を4つご紹介します。デザインや大きさ、素材など、それぞれ異なる特徴を見ていきましょう。お持ちのシェラカップに合うかどうか確認してみてくださいね。 【UNIFLAME(ユニフレーム)/UFシェラリッド300チタン】   出典:Amazon...

【2024年版】キャンプにおすすめ!!シェラカップ(シェラボウル)の選び方

【2024年版】キャンプにおすすめ!!シェラカップ(シェラボウル)の選び方

ひとつ持っていれば、アウトドアで活躍すること間違いなしのシェラカップ。しかしシェラカップと言ってもサイズや形状、素材も様々です。今回はサイズ、素材別の特徴やシェラカップのおすすめ商品、揃えておくと便利なアイテムなどをピックアップしました。シェラカップを使ってできるレシピもご紹介します。シェラカップ選びの参考にしてみてくださいね。 シェラカップってどんなもの? 出典:@thegate_wakasa  シェラカップとは、万能キャンプギアと言われている取っ手が付いた金属製のカップです。直火調理も出来るほか、コップとして、お皿として、計量カップや風防としてなど使い方は様々です。特にソロキャンプの方は、荷物を出来るだけ少なくしたい方が多くとても便利ですよ。シェラカップはアメリカにある自然保護団体、シエラクラブと言う団体が会員証の代わりに配っていたものです。会員証として配られたシェラカップをバックパックに吊り下げていたそうです。使い勝手の良さなどからキャンパーなどの間で広がり、今ではたくさんのアウトドアメーカーから発売されるようになりました。 シェラカップのサイズと形状 出典:@gai_camp  シェラカップのサイズはそれぞれの用途にベストなサイズを選ぶことでとても使いやすくなります。基本的な形状はほとんど同じですが、取っ手が折りたためるかどうかや、取っ手の形でスタッキングのしやすさなども変わってきます。ご自分のキャンプスタイルに合せてシェラカップを選びましょう。 容量 出典:@hiyoshun2  ではまず、シェラカップをサイズ別に見ていきましょう。一般的にサイズは300ml前後ですが、今ではアウトドアメーカーから色々なサイズが発売されています。 200~399ml標準的なサイズです。コップとして、飲み物やスープを入れるのにおすすめのサイズです。計量カップや、取り分け皿としても活躍するサイズです。 400~599ml万能なサイズです。お椀や調理ツールとして使うのにおすすめのサイズです。ひとつだけシェラカップを持って行くならこのサイズが便利です。レトルト食品などの湯煎などもしやすいサイズです。 600〜1,000ml調理がしやすいサイズです。調理メインで使うならこちらのサイズがおすすめです。ご飯を炊いたり、ラーメンを作ったり、ボウルとしても使いやすいです。  スタッキングのしやすさ   出典:@gai_camp シェラカップのスタッキングについては、ブランドが違うものは相性がありますが、スタッキングする順番さえ気をつければ、ほとんどのシェラカップはスタッキング可能なことが多いです。※スタッキングとは、積み重ねてコンパクトに収納することを意味します。アウトドア用の食器などはスタッキングし、1セットになるものが多いです。 取っ手  出典:@kinbozu.camp シェラカップの最大の弱点と言えば取っ手ではないでしょうか。今では、そんな取っ手部分が折りたためるシェラカップもたくさん販売されています。取っ手部分が折りたためるとバックパックへの収納もスムーズになります。ただし、折りたたみ式のシェラカップを重ねてスタッキングができるかどうかを確認してくださいね。持ち手が本体の内側や外側に折り畳めるものなら、スタッキングしやすいですよ。 ストレートタイプストレートタイプの取っ手は、手が火から遠くなるため、取っ手自体が熱くなりにくいことが特徴で、調理するのに向いています。 カーブタイプ(Uの字、コの字など)取っ手の先端がカーブしているのが特徴で、飲み物を入れたときなどに持ちやすいです。 折り畳みタイプ取っ手を折りたたむ事ができ、コンパクトで持ち運びに便利なタイプです。ソロキャンパーなど荷物を少なくしたい人は折り畳みタイプのシェラカップがおすすめです。 デザイン  出典:@rockfish_nanachan シェラカップの形は大きく分けて寸胴型と台形型に分かれ、大きなサイズでは、どんぶり型もあります。寸胴型はコップとして使うのに適しています。台形型は調理がしやすい形です。色んなブランドから販売されているシェラカップですが、最近では一目で分かるブランドロゴが底面などに入っていることが多く見た目もオシャレです。 シェラカップの使い道  シェラカップは、アウトドアやキャンプなどで便利なアイテムですよね。シンプルな構造で洗いやすく、持ち運びにも便利です。また、軽量で丈夫な作りであり、飲み物を保温・保冷できるため、ハイキングやキャンプなどのアクティビティに最適です。ここではシェラカップの使い方別に説明していきます。 クッカーとして 出典:@k15camp...

【2024年版】キャンプにおすすめ!!シェラカップ(シェラボウル)の選び方

ひとつ持っていれば、アウトドアで活躍すること間違いなしのシェラカップ。しかしシェラカップと言ってもサイズや形状、素材も様々です。今回はサイズ、素材別の特徴やシェラカップのおすすめ商品、揃えておくと便利なアイテムなどをピックアップしました。シェラカップを使ってできるレシピもご紹介します。シェラカップ選びの参考にしてみてくださいね。 シェラカップってどんなもの? 出典:@thegate_wakasa  シェラカップとは、万能キャンプギアと言われている取っ手が付いた金属製のカップです。直火調理も出来るほか、コップとして、お皿として、計量カップや風防としてなど使い方は様々です。特にソロキャンプの方は、荷物を出来るだけ少なくしたい方が多くとても便利ですよ。シェラカップはアメリカにある自然保護団体、シエラクラブと言う団体が会員証の代わりに配っていたものです。会員証として配られたシェラカップをバックパックに吊り下げていたそうです。使い勝手の良さなどからキャンパーなどの間で広がり、今ではたくさんのアウトドアメーカーから発売されるようになりました。 シェラカップのサイズと形状 出典:@gai_camp  シェラカップのサイズはそれぞれの用途にベストなサイズを選ぶことでとても使いやすくなります。基本的な形状はほとんど同じですが、取っ手が折りたためるかどうかや、取っ手の形でスタッキングのしやすさなども変わってきます。ご自分のキャンプスタイルに合せてシェラカップを選びましょう。 容量 出典:@hiyoshun2  ではまず、シェラカップをサイズ別に見ていきましょう。一般的にサイズは300ml前後ですが、今ではアウトドアメーカーから色々なサイズが発売されています。 200~399ml標準的なサイズです。コップとして、飲み物やスープを入れるのにおすすめのサイズです。計量カップや、取り分け皿としても活躍するサイズです。 400~599ml万能なサイズです。お椀や調理ツールとして使うのにおすすめのサイズです。ひとつだけシェラカップを持って行くならこのサイズが便利です。レトルト食品などの湯煎などもしやすいサイズです。 600〜1,000ml調理がしやすいサイズです。調理メインで使うならこちらのサイズがおすすめです。ご飯を炊いたり、ラーメンを作ったり、ボウルとしても使いやすいです。  スタッキングのしやすさ   出典:@gai_camp シェラカップのスタッキングについては、ブランドが違うものは相性がありますが、スタッキングする順番さえ気をつければ、ほとんどのシェラカップはスタッキング可能なことが多いです。※スタッキングとは、積み重ねてコンパクトに収納することを意味します。アウトドア用の食器などはスタッキングし、1セットになるものが多いです。 取っ手  出典:@kinbozu.camp シェラカップの最大の弱点と言えば取っ手ではないでしょうか。今では、そんな取っ手部分が折りたためるシェラカップもたくさん販売されています。取っ手部分が折りたためるとバックパックへの収納もスムーズになります。ただし、折りたたみ式のシェラカップを重ねてスタッキングができるかどうかを確認してくださいね。持ち手が本体の内側や外側に折り畳めるものなら、スタッキングしやすいですよ。 ストレートタイプストレートタイプの取っ手は、手が火から遠くなるため、取っ手自体が熱くなりにくいことが特徴で、調理するのに向いています。 カーブタイプ(Uの字、コの字など)取っ手の先端がカーブしているのが特徴で、飲み物を入れたときなどに持ちやすいです。 折り畳みタイプ取っ手を折りたたむ事ができ、コンパクトで持ち運びに便利なタイプです。ソロキャンパーなど荷物を少なくしたい人は折り畳みタイプのシェラカップがおすすめです。 デザイン  出典:@rockfish_nanachan シェラカップの形は大きく分けて寸胴型と台形型に分かれ、大きなサイズでは、どんぶり型もあります。寸胴型はコップとして使うのに適しています。台形型は調理がしやすい形です。色んなブランドから販売されているシェラカップですが、最近では一目で分かるブランドロゴが底面などに入っていることが多く見た目もオシャレです。 シェラカップの使い道  シェラカップは、アウトドアやキャンプなどで便利なアイテムですよね。シンプルな構造で洗いやすく、持ち運びにも便利です。また、軽量で丈夫な作りであり、飲み物を保温・保冷できるため、ハイキングやキャンプなどのアクティビティに最適です。ここではシェラカップの使い方別に説明していきます。 クッカーとして 出典:@k15camp...

【2024年版】キャンプに便利♪おすすめのカトラリー

【2024年版】キャンプに便利♪おすすめのカトラリー

キャンプ用カトラリーは便利なだけでなく、割り箸だと味気なかったキャンプ料理を、色鮮やかに彩ってくれるギアの一つです。 素材やデザインなど様々で、キャンプシーンに合せてカトラリーを変えるのも楽しいですよ。初めて選ぶキャンパーさんも、もう一つ欲しいと思っているキャンパーさんも、カトラリー選びの参考にしてみてくださいね。 2024/2/21 更新  キャンプ用カトラリーの魅力 出典:@nyanko1125  「キャンプ」と言えば、まずは”テント、タープ、テーブル、椅子・・・”など大物から揃える方が多いのではないかと思います。でも実はテーブルを彩る食器類もとても重要です。割り箸では少し物足りなく感じる食卓が、キャンプ用カトラリーを使うことによって、料理も一段と美味しくオシャレに見えます。食卓を飾るだけでなく、ゴミを減らすことが出来るほか、機能的で使いやすく、食べやすいのが魅力です。 キャンプ用カトラリーを使うメリット 本来カトラリーと言えば、ナイフのことを指しましたが、現代では洋食で使うスプーン・フォーク・ナイフの3点の総称のことをカトラリーと呼んでいます。またキャンプ用カトラリーでは、アウトドアで食事をする時に使うお箸など、食べるときに使う小物も含まれていることが多いです。 キャンプ用のカトラリーを使う最大のメリットは持ち運びに便利なことと耐久性です。折りたたみが出来たり、軽くて携帯にも便利になっている事が多いです。 キャンプ用カトラリーを選ぶポイント 出典:@hogehogehogehoge32 ではここからは、キャンプ用カトラリーを選ぶ際に注意したいポイントなどを見ていきましょう。素材も様々で、今お持ちのキャンプギアにピッタリのものを見つけるとキャンプでの食事もより一層楽しくなりますよ!! 人数で選ぶ  キャンプ用カトラリーを選ぶ際に、人数は重要で、「人数+1セット」で準備していくことをおすすめします。  ソロキャンプ   出典:@dokidoki_wakuwaku_camp  ソロキャンプでは1人分のカトラリーがセットになったものがおすすめです。コンパクトになるものが多く、メスティンの中に入るほどのサイズのものもあります。機能性、耐久性が高いものが多いため、自分だけのこだわったマイカトラリーを選んでみましょう。 デュオキャンプ  デュオキャンプではソロキャンプ用のカトラリーセットを2セット用意する方が多いのではないでしょうか。お友達とのデュオキャンプでは、それぞれ持ち寄ることも多いでしょう。販売している商品は少ないですが、同じカトラリーが2つずつ入ったセットもあります。こちらはご夫婦やパートナーとのデュオキャンプにピッタリです。 ファミリーキャンプ 出典:@peachlifestory  ファミリーキャンプではカトラリーセットを選ぶのがおすすめです。同じ種類のカトラリーで揃えると統一感も出て楽しめます。しかしカトラリーセットは4人用のものが多く、それ以上の人数で揃えるのであれば、ソロキャンプやデュオキャンプ用のカトラリーで人数分揃えて統一感を出すという方法もあります。 素材で選ぶ  次はカトラリーを素材別で選ぶ際の注意点やポイントに焦点を当てて見ていきましょう。素材が変わるだけで食卓の見え方がガラッと変わりますよ。お持ちのお皿などにあわせてコーディネートしてみてくださいね。 金属製 出典:@swag_gear_kobe  金属製のキャンプ用カトラリーと言えば「ステンレス・チタン・アルミ」の3種類が主な素材となります。他の素材に比べて長期的に使用することができます。【ステンレス】ステンレスは価格もお手頃で、ご自宅で使われている方が多いのではないでしょうか。錆びにくく耐久性も高いので、一度購入すると長く使うことができるのが特徴です。しかし、熱いものに使う場合はチタンよりも熱伝導率が少し上がるため、子どもなどは注意してあげた方が良いでしょう。【チタン】チタンは錆びにくく、熱に強い特徴があります。その上軽量で耐久性があるため持ち運びも安心できます。熱を伝えにくく、熱いものを食べるときに重宝します。【アルミ】アルミは軽く、とても柔らかい性質を持っています。しかし他の金属を加えることにより、強度があるアルミ製品ができあがります。錆びにくく、熱を伝えやすい特徴があるため、カトラリーから体温も伝わりやすいです。そのためよく冷えたアイスクリームを食べるときや、バターを塗るときなどに便利ですよ。 樹脂製...

【2024年版】キャンプに便利♪おすすめのカトラリー

キャンプ用カトラリーは便利なだけでなく、割り箸だと味気なかったキャンプ料理を、色鮮やかに彩ってくれるギアの一つです。 素材やデザインなど様々で、キャンプシーンに合せてカトラリーを変えるのも楽しいですよ。初めて選ぶキャンパーさんも、もう一つ欲しいと思っているキャンパーさんも、カトラリー選びの参考にしてみてくださいね。 2024/2/21 更新  キャンプ用カトラリーの魅力 出典:@nyanko1125  「キャンプ」と言えば、まずは”テント、タープ、テーブル、椅子・・・”など大物から揃える方が多いのではないかと思います。でも実はテーブルを彩る食器類もとても重要です。割り箸では少し物足りなく感じる食卓が、キャンプ用カトラリーを使うことによって、料理も一段と美味しくオシャレに見えます。食卓を飾るだけでなく、ゴミを減らすことが出来るほか、機能的で使いやすく、食べやすいのが魅力です。 キャンプ用カトラリーを使うメリット 本来カトラリーと言えば、ナイフのことを指しましたが、現代では洋食で使うスプーン・フォーク・ナイフの3点の総称のことをカトラリーと呼んでいます。またキャンプ用カトラリーでは、アウトドアで食事をする時に使うお箸など、食べるときに使う小物も含まれていることが多いです。 キャンプ用のカトラリーを使う最大のメリットは持ち運びに便利なことと耐久性です。折りたたみが出来たり、軽くて携帯にも便利になっている事が多いです。 キャンプ用カトラリーを選ぶポイント 出典:@hogehogehogehoge32 ではここからは、キャンプ用カトラリーを選ぶ際に注意したいポイントなどを見ていきましょう。素材も様々で、今お持ちのキャンプギアにピッタリのものを見つけるとキャンプでの食事もより一層楽しくなりますよ!! 人数で選ぶ  キャンプ用カトラリーを選ぶ際に、人数は重要で、「人数+1セット」で準備していくことをおすすめします。  ソロキャンプ   出典:@dokidoki_wakuwaku_camp  ソロキャンプでは1人分のカトラリーがセットになったものがおすすめです。コンパクトになるものが多く、メスティンの中に入るほどのサイズのものもあります。機能性、耐久性が高いものが多いため、自分だけのこだわったマイカトラリーを選んでみましょう。 デュオキャンプ  デュオキャンプではソロキャンプ用のカトラリーセットを2セット用意する方が多いのではないでしょうか。お友達とのデュオキャンプでは、それぞれ持ち寄ることも多いでしょう。販売している商品は少ないですが、同じカトラリーが2つずつ入ったセットもあります。こちらはご夫婦やパートナーとのデュオキャンプにピッタリです。 ファミリーキャンプ 出典:@peachlifestory  ファミリーキャンプではカトラリーセットを選ぶのがおすすめです。同じ種類のカトラリーで揃えると統一感も出て楽しめます。しかしカトラリーセットは4人用のものが多く、それ以上の人数で揃えるのであれば、ソロキャンプやデュオキャンプ用のカトラリーで人数分揃えて統一感を出すという方法もあります。 素材で選ぶ  次はカトラリーを素材別で選ぶ際の注意点やポイントに焦点を当てて見ていきましょう。素材が変わるだけで食卓の見え方がガラッと変わりますよ。お持ちのお皿などにあわせてコーディネートしてみてくださいね。 金属製 出典:@swag_gear_kobe  金属製のキャンプ用カトラリーと言えば「ステンレス・チタン・アルミ」の3種類が主な素材となります。他の素材に比べて長期的に使用することができます。【ステンレス】ステンレスは価格もお手頃で、ご自宅で使われている方が多いのではないでしょうか。錆びにくく耐久性も高いので、一度購入すると長く使うことができるのが特徴です。しかし、熱いものに使う場合はチタンよりも熱伝導率が少し上がるため、子どもなどは注意してあげた方が良いでしょう。【チタン】チタンは錆びにくく、熱に強い特徴があります。その上軽量で耐久性があるため持ち運びも安心できます。熱を伝えにくく、熱いものを食べるときに重宝します。【アルミ】アルミは軽く、とても柔らかい性質を持っています。しかし他の金属を加えることにより、強度があるアルミ製品ができあがります。錆びにくく、熱を伝えやすい特徴があるため、カトラリーから体温も伝わりやすいです。そのためよく冷えたアイスクリームを食べるときや、バターを塗るときなどに便利ですよ。 樹脂製...