【秋キャンプ】メスティンで栗ご飯を作ってみよう

【秋キャンプ】メスティンで栗ご飯を作ってみよう

夏に開花し、秋に実の収穫を迎える栗は今だから味わえる旬の食材の一つです。1年を通してこの時期にしか味わえない新鮮な栗を使ってキャンプで「栗ご飯」を作ってみましょう。

栗は下処理をしておこう

まず、メスティンで栗ご飯を作る前に知っておきたいこと。

栗は下処理に意外と手間がかかるので、キャンプで使うときは自宅で下処理をしてからキャンプ場に持って行くことをおすすめします。

栗は余っても冷凍保存できるので、キャンプの時に必要な分だけ持っていきましょう。

表面を洗って熱湯に浸す

栗の下処理は、まず表面を軽く洗ってから熱湯に10分程度浸します。こうすることで表面の鬼皮が剥きやすくなります。

この時に浮かんでくる栗は虫食いの可能性があるので中を確認してみましょう。

次に柔らかくなった鬼皮の底の部分を切り落として全体の皮を剥いでいきます。

渋皮は栄養満点

硬い鬼皮を剥くと出てくる身の回りを覆っている茶色い渋皮はポリフェノールの1種であるタンニンを多く含んでいますが、食べるとエグみを感じるので取り除いてしまう人がほとんど。

しかし、タンニンには抗酸化作用や虫歯予防、抗ウイルスなど体によい成分を多く含んでいて食べると健康に良いとされているので好みで食べ分けましょう。

栗をのせて炊く

処理した栗は調理がとても簡単。メスティンにお米と水を入れた上に栗をのせて炊くだけ。栗が大きい時は中まで火が通るように半分にして入れましょう。

栗ご飯をより美味しくしたいなら、だしの素と料理酒を大さじ一杯加えてみましょう。炊きあがりにごま塩を振りかけるとより一層風味が増します。

その他には、もち米を少量加えたり栗と一緒にサツマイモを入れるとさらに甘みが増して美味しくいただけます。

まとめ)【秋キャンプ】メスティンで栗ご飯を作ってみよう

以上をまとめると、

  • メスティンで旬の栗ご飯を作ろう
  • でも栗は下処理に手間がかかる
  • なので栗はあらかじめ下処理をしておくと便利
  • 渋皮は栄養満点だけどエグみがある
  • 栗ご飯をさらに美味しくするコツは5つ

です。

メスティンを使って栗ご飯を作ってみましょう。

ブログに戻る