【至福のコーヒー時間】キャンプにおすすめのコンパクトなコーヒードリッパー5選

【至福のコーヒー時間】キャンプにおすすめのコンパクトなコーヒードリッパー5選

こんにちは!
キャンプD2CのNaFroです。

キャンプで飲むコーヒーは、なぜか普段よりもおいしく感じますよね。
キャンプサイトを設営したあとのひと息つきたいときの一杯、あるいは清々しい空気のなかでの目覚めの一杯......もう格別です。

そんな至福のコーヒー時間をさらに特別なものにしてくれるコーヒードリッパーを5つ紹介します。

画像1

1.スノーピーク「フォールディングコーヒードリッパー”焚火台型”」

スノーピークの名品「焚火台」を模した、折りたたみ式コーヒードリッパーです。

本体サイズ:104×104×96mm
収納サイズ:170×140×14mm
重量   :140g
材質   :ステンレス
価格   :3,300円(税込)

スノーピークの「焚火台」をそのまま小さくしたようなルックスがおしゃれなモデルです。組み立ても簡単で、収納もパタパタと折りたたむだけ。

市販の円錐形フィルターがジャストフィットします。キャンプだけでなく、自宅使いやインテリアにもおすすめです。


2.ミュニーク「テトラドリップ02P」

フラットに収納可能なミニマルデザインの携帯用コーヒードリッパーです。

収納サイズ:135×90×6mm
重量   :25g
材質   :ポリプロピレン
価格   :1,650円(税込)

25gという軽さと、パーツを分解すれば胸ポケットにも入る携行性はキャンパーだけでなくバックパッカーにも便利。

市販の円錐型フィルターを使用し、カップ3杯分のコーヒーが抽出できます。
また、ミニマルでシンプルなデザインは使う人を選びません。

画像3

3.ユニフレーム「コーヒーバネット cute」

90年代初頭に発売されて以降、ロングセラーを誇るアウトドア用ドリッパーのパイオニア的存在。

本体サイズ:110×70mm
収納サイズ:110×20mm
重量   :46g
材質   :ステンレス
価格   :2,000円(税込)

弾力のあるバネのような形状が特徴的です。収納時はぺちゃんこにできるためアウトドアにぴったり。

壁面がないため、コーヒー豆から出るガスが溜まらず、雑味の少ないコーヒーが淹れられます。その実力はコーヒー専門店でも使用されているほどです。


4.リバーズ「コーヒーポアオーバーセット」

味の調節ができるリバーシブルのコーヒードリッパー「ケイブリバーシブル」と台座「ポンドF」のセットです。

本体サイズ:102×102×85mm(ケイブリバーシブル)
      115×66×5mm(ポンドF)
重量   :88g
材質   :シリコーンゴム
価格   :1,760円(税込)

表裏で異なる2種類のリブ構造がコーヒーの抽出速度を調節してくれる画期的なモデルです。酸味と苦みを理想のバランスに近づけることができるため、コーヒー通におすすめします。

また、素材がやわらかいシリコーンゴム製のため、クシャッと丸めてマグカップに入れることが可能です。


5.カリタ「カフェトール」

ソロ専用の小さくてかわいいコーヒードリッパーです。

本体サイズ:120×69×57mm
重量   :50g
材質   :ポリプロピレン
価格   :264円(税込)

マグカップに直接乗せるタイプで、一人用の小さな台形フィルターを使用します。

見た目は小さくてかわいいですが、そこはコーヒー器具専門メーカーのカリタ。「カリタ式」と呼ばれる3つ穴構造を採用し、雑味が出る前においしさだけをドリップできます。価格もリーズナブルなので、最初の1台にも最適です。

画像2

まとめ)【至福のコーヒー時間】キャンプにおすすめのコンパクトなコーヒードリッパー5選

以上、キャンプにおすすめのコンパクトなコーヒードリッパーを5つ紹介してきました。

どれもコンパクトで携行性に優れているため、キャンプにぴったりです。

お気に入りのコーヒードリッパーで、至福のコーヒー時間を楽しんではいかがでしょうか。

ブログに戻る