【挽きたてコーヒーは格別】ソロキャンプにおすすめの小型コーヒーミル3選

【挽きたてコーヒーは格別】ソロキャンプにおすすめの小型コーヒーミル3選

こんにちは!
キャンプD2CのNaFroです。

コーヒーをソロキャンプの楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

澄んだ空気のなかでの目覚めの一杯に、あるいは焚き火を眺めながらのリラックスタイムに。野外で飲むコーヒーは格別ですよね。

インスタントも手軽でよいのですが、コーヒーミルを使って豆から挽くとさらにおいしいコーヒーが楽しめます。コーヒーの香りと風味がもっとも出るのは豆を挽いた瞬間です。挽きたてコーヒーのふわっと広がる香りはキャンプを特別なものにしてくれます。

ソロキャンプに適したコーヒーミルは耐久性と携行性に優れていること。両方の条件を満たしたおすすめのコーヒーミルを3品ご紹介します。

画像4

①耐久性と携行性のバランス型なら「ポーレックス コーヒーミル2ミニ」

サイズ :直径5cm×高さ13.5cm
重さ  :250g
対応人数:2人分(20g)
税込価格:6,930円

セラミック製品メーカー「ジャパンポーレックス」のコンパクトサイズのコーヒーミルです。

ステンレス製のシャープでスタイリッシュなルックスが目を引きます。頑丈なボディと持ち運びに便利なサイズ感はソロキャンプに最適です。

セラミック刃を採用しているため、摩耗しにくく、金属臭がしないためコーヒーそのものの香りが楽しめます。また、パーツを分解して水洗いできるため衛生的です。

画像4

②コスパ重視なら「ハリオ コーヒーミル・セラミックスリム MSS-1TB

サイズ :幅15cm×奥行7.2cm×高さ22cm
重さ  :247g
対応人数:2人分(24g)
税込価格:3,300円

耐熱ガラスを中心としたコーヒー器具メーカー「ハリオ」のスリムなコーヒーミルです。

本体が透明の樹脂でできているため、挽いた豆の粒度と量を確認しながら使うことができます。自分好みの味(粒度)を見つけやすいこともメリットです。

また、ソロキャンプに適した機能を備えながらも、お手頃価格がうれしいところ。入門用としてもぴったりのコスパが高いモデルです。

画像4


③見た目にこだわるなら「カリタ コーヒーミル KH-10」

サイズ :幅7cm×奥行17cm×高さ17.5cm
重さ  :515g
対応人数:2人分(20g)
税込価格:4,950円

老舗コーヒー器具メーカー「カリタ」の木製ボディのコーヒーミルです。

ナチュラルな木目がキャンプに映えるおしゃれな一台。しっとりと手に馴染む質感は木製ならではです。

上記2品と比較するとやや重いため、携行性は劣りますが、テーブルに置いたときの安定感はこちらに軍配が上がります。

機能だけでなく、見た目にもこだわりたいソロキャンパーにおすすめのコーヒーミルです。

画像3


まとめ)【挽きたてコーヒーは格別】ソロキャンプにおすすめの小型コーヒーミル3選

以上、ソロキャンプにおすすめの小型コーヒーミルを3品紹介しました。

まとめると、

①耐久性と携行性のバランス型なら「ポーレックス コーヒーミル2ミニ」

②コスパ重視なら「ハリオ コーヒーミル・セラミックスリム MSS-1TB」

③見た目にこだわるなら「カリタ コーヒーミル KH-10」

がおすすめです。

野外で飲む挽きたてコーヒーは香りも風味も最高です。次回のソロキャンプにお気に入りのコーヒーミルを持って行ってはいかがでしょうか。

ブログに戻る